投扇興に夢中のおばあちゃん

投扇興のできる宿ー小西ホテル

投扇興(とうせんきょう)とは、江戸時代から続いている日本の遊戯の一つです。台の上にのった小さな扇を的にして、大きな扇を投げて当てます。そのあたり方などで、点数が変わります。また、百人一首や源氏物語のストーリーになぞられた点数配分になって…

湯の湖の周りで遊ぶ

湯元園地で遊ぶ3人

歩いたり、温まったりしてあんよの湯でくつろぐ3人

あんよの湯

湯元ビジターセンターのイベントで自然のお勉強です。覚えているでしょうか?

写真ギャラリー

日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

高天原(神々がおいでになる場所)

日光には面白い風習がたくさんあります。「福銭貸」と言ってお正月に外山毘沙門天にお詣りをして事業の軍資金をお借りして翌年には借りたお金の倍を返して、また1年間の商売のお金を借りてくるというものです。証文などは取らずに「信用貸し」だそうです。一度、行ってみたいと思っていました。実際に行ってみるとやっぱり、ただじゃお金は借りられません。すごい山道を登ってやっと頂上につきます。

外山毘沙門天 (とやまびしゃもんてん)堂

外山毘沙門天 ―行ってみるとすごいところだった外山(とやま)は日光東照宮の鬼門にあたります。日光開山の祖、勝道上人のお墓と、天海僧正のお墓を一直線に結んで、その延長線上にあります。風水的にとっても重要な場所だそうです。…

弘法大師空海が修業していたら、女神が現れたという「影向石(ようごうせき)」

影向石

しめ縄がしてある、滝尾神社のご神木。このあたりは木々はパワースポットとして有名です。

日光のパワースポット

縁結びの神様としてとても威力のある日光二荒山神社です。

日光二荒山神社は パワーのある神社 です。

晩秋の奥日光にはぴったりの風景です。

朽ちた桟橋

「赤毛のアン」のおうちのような緑の切妻屋根のペンションです。食事もサーロインステーキのフルコースが堪能できます。

グリーンシティ日光

グリーンシティ日光8月に日光に行った時「 グリーンシティ日光 」というお宿に泊まりました。そこはフェイスブックでお友達になった方のお宿です。アメリカのおうちみたいな外観のおしゃれなお店です。今まで、何度も通っていた道で、…

日帰り日光の帰り道、東照宮のそばのお風呂に入りました。

鶴亀大吉 さんの立ち寄り湯

美味しいパン屋さんでいつも大量に買って帰ります。

中禅寺湖のお土産はパン!

日光の老舗ホテル「日光金谷ホテル」のラウンジが「 メイプルリーフ 」です。美味しいコーヒー、紅茶そして金谷ホテルのパティシエが作ったケーキもあります。また、2003年に金谷ホテルの蔵の中から見つかった大正時代のカレーのレシピを復元した「100年カレー」もこちらで頂くことができます。

コーヒーラウンジ「 メイプルリーフ 」

日光で出会ったおしゃれな喫茶店「日光珈琲」さんで頂いた「木苺ソーダ」は炭酸が好きな私にはぴったりの飲物でした。

木苺ソーダ (きいちご)

奥日光を歩こう!

  1. 自然探究路
  2. 梅雨がないといわれている戦場ヶ原ですが、今日は雨が降っています。
  3. 低公害ハイブリッドバスの出発点で、車庫があります。ここから、千手ヶ浜まで春から秋の間、一般車両通行止めの区間を運行します。
  4. 奥日光の澄んだ空気の中をどこまでも歩きます。
  5. いろは坂より、上は牛や馬そして女人の入ることのできない聖域でした。
  6. 日光の低公害バスは一般車両の通行が禁止されている道を走ります。国道以外はどこでも手を挙げると乗り降りできます。奥日光の自然を自動車の排気ガスから守るために1993年から始まりました。赤沼から千手ヶ浜までを結ぶ道路を歩いていると、使われない駐車場などがあり、一瞬「千と千尋」の世界に行ったような錯覚を覚えます。

日光について

「奥日光そぞろ歩き」さんは、奥日光でガイドをしていらっしゃる方のブログです。いつも戦場ヶ原や小田代が原の旬な情報が書いてあります。ガイドをなさっているだけあって、私では行かれない、奥の方の滝や湖、そして登山の事も書いてあります。
奥日光そぞろ歩き

奥日光に行く前にチェックするブログ「 奥日光そぞろ歩き 」「 奥日光そぞろ歩き 」さんのブログは、本当に旬な情報でいっぱいなので、奥日光に行かれる前にはぜひ、読んでください。きっと、参考になる情報…

  1. 携帯するのに便利なコンパクトなつくりの日光の花の本「花トレッキング携帯図鑑」
  2. 紅葉と竜頭の滝
  3. 日光を題材したブログやホームページはたくさんあります。「大好き!日光!」もその一つですが、まだまだ、できたばかりの赤ちゃんサイトです。日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記さんはバックナンバーを見ると2005年から日光の事を書いていらっしゃる老舗のブログです。

子供と行く日光

「天空の足湯」は標高2000メートルの日光白根山ロープウェーの山頂駅にある足湯です。 天空の足湯

足湯(あしゆ)足湯とは、足だけ温泉につかることです。靴下だけ抜けば温泉に入れるので、温泉街などに…

日光のパワースポット

日光東照宮の中でも、「眠り猫」と同じくらい有名な「龍」が薬師堂の「鳴き竜」です。薬師堂も仏教的建物なので、日光東照宮の中にありますが、管轄は輪王寺です。 鳴き竜 の音色

鳴き竜(なきりゅう)薬師堂(本地堂)の天井には有名な「 鳴き竜 」がいます。龍のお顔の下で拍…

車いすで行く日光

金谷ホテルで朝食を 金谷ホテルで朝食を

奥日光の朝食ゴールデンウィークの奥日光は本当に久しぶりです。日光宇都宮道路を走っていると新緑が目…

日光の見どころ

  1. 晩秋の奥日光にはぴったりの風景です。
  2. 日光東照宮は神社なので、本来は表門はないのですが、江戸時代までは神仏習合だったので神社にも、お寺にも「表門」がありました。
  3. 御水屋 は聖域に入る前に身を清める為に、昔は川や湧水を利用していました。

世界遺産エリアから探す

奥日光エリアから探す

日光体験レヴュー

  1. 車いすで湯元園地を散策します。今年はGWはお花が花盛りでとてもきれいでした。
  2. 日光湯元温泉にある足湯は「あんよの湯」という可愛いネーミングです。子供たちが小さい頃にできました。「あんよの湯」の底の石がデコボコになっているところがあって、歩くと足裏マッサージのような効果があります。泉質は日光湯元温泉なので、白く白濁した単純硫黄泉です。
  3. 世界遺産の厳島神社もこのように見下ろすことができる東武ワールドスクエア。

霧降高原エリアから探す

PAGE TOP