投扇興に夢中のおばあちゃん

投扇興のできる宿ー小西ホテル

投扇興(とうせんきょう)とは、江戸時代から続いている日本の遊戯の一つです。台の上にのった小さな扇を的にして、大きな扇を投げて当てます。そのあたり方などで、点数が変わります。また、百人一首や源氏物語のストーリーになぞられた点数配分になって…

湯の湖の周りで遊ぶ

湯元園地で遊ぶ3人

歩いたり、温まったりしてあんよの湯でくつろぐ3人

あんよの湯

湯元ビジターセンターのイベントで自然のお勉強です。覚えているでしょうか?

写真ギャラリー

日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

高天原(神々がおいでになる場所)

弘法大師空海が修業していたら、女神が現れたという「影向石(ようごうせき)」

影向石

影向石 (ようごうせき)「影向石」とは820年に空海がこの地で祈っていたら、美しい女神が現れたというエピソードのある石です。滝尾神社の周辺はこのようなエピソードがたくさんあります。やはり空海が滝尾神社のあたりで修業していた時に、大小の2…

しめ縄がしてある、滝尾神社のご神木。このあたりは木々はパワースポットとして有名です。

日光のパワースポット

日光開山の祖「勝道上人」のお墓は、この開山堂の裏手にあるものだけでなく、中禅寺湖にある上野島こうづけじまと、竜頭りゅうずの滝近くの瑠璃ガ壺(るりがつぼ)の3か所に分骨してあるそうです。

勝道上人のお墓

晩秋の奥日光にはぴったりの風景です。

朽ちた桟橋

縁結びの神様としてとても威力のある日光二荒山神社です。

日光二荒山神社は パワーのある神社 です。

竜頭の滝、観瀑台にお茶屋さんがついています。うどん・お蕎麦などの軽食、そして有名なお団子があります。目の前が丁度、竜頭の滝の滝壺なので、すいているときはのんびりと滝を見ながらお腹ごしらえができます。正式名称は「龍頭之茶屋(りゅうずのちゃや)」というそうです。

龍頭之茶屋

竜頭の滝奥日光の中でも一番早く紅葉することで有名なのは「竜頭の滝」です。竜頭の滝は湯川の終点です。「華厳の滝」や、湯滝のように一気に落下するのではなくて、徐々に勾配がついて、最後滝壺付近に来ると2本に分かれるのでまるで「龍」の頭…

中禅寺金谷ホテルは中禅寺湖畔にあり、秋には紅葉が素晴らしく、多くのカメラマンがホテル内を歩いています。

中禅寺金谷ホテル

日光東照宮、西参道駐車場そばにあるとってもおしゃれな「ランカトルグカフェ」

ランカトルグカフェ

「 山頂喫茶しらね 」は日光白根山ロープウェー山頂駅にあるレストランです。山のレストランならでは山菜うどん、お蕎麦、みそおでんなどがあります。周囲がガラス張りで天気の周りがよく見えて、景色を見ながら食べられます。

山頂喫茶しらね

金谷侍屋敷正面です。ここからイザベラ・バード夫人をはじめ多くの外国のお客様が泊まられたそうです。

金谷ホテル歴史館

奥日光を歩こう!

  1. 赤沼駐車場から戦場ヶ原に入っていくみち。
  2. 日光自然博物館では自然に触れあえるイベントの他、管内では夏休みの宿題に役立ちそうな展示物がたくさんあります。
  3. 奥日光の澄んだ空気の中をどこまでも歩きます。
  4. 私たちのほかは誰もいない静かな西の湖。ここでは鳥のさえずり、風が湖を渡る音など自然の音しか聞こえてきません。
  5. 泉門池の水はとてもきれいです。ベンチもあるので、ちょっと休憩できます。
  6. 湯滝(ゆだき)から始まって竜頭の滝(りゅうずのたき)で終わる湯川沿いをハイキングする。

日光について

鳥居は神様の領域と人間の領域との結界です。中央を神様が通られる場所です。
神社の正しい 参拝方法

神社の正しい参拝の仕方運気アップ や、運気向上、縁結び、商売繁盛などなど、さまざまな理由で神社にお参りすると思います。神社などでも、見よう見まねで何となく、周りの方と同じような作法でお参りして…

  1. 紅葉と竜頭の滝
  2. 日光は山間地なので、しばしば山津波などの自然災害に見舞われていました。また、八王子千人同心などのように専門の火消隊が設置されるように、火事災害にも神経を配っていました。1902年の足尾台風の雨による山津波は非常に大きな被害を日光の文化財に与えました。
  3. 「日光の花325」はコンパクトで日光を歩くときに携帯するのに、ピッタリです。

子供と行く日光

日光東照宮で将軍しか入れない部屋、明治になってからも徳川宗家しか入ることのできないお部屋が「将軍着座の間」です。日光東照宮では、そんな将軍しか入れないお部屋に入って特別祈祷が受けられるツアーがあります。 「 将軍着座の間 」特別祈祷 行ってきました!

集合場所は日光東照宮社務所です。将軍体験 ができる「 将軍着座の間 」特別祈祷の集合場所は日光東…

日光のパワースポット

日光東照宮の陽明門の豪華さは一日眺めていても見飽きないから「日暮門(ひぐらしもn)」との別名があるくらい有名です。しかも、仏教的・風水的に多くの学者や知識人が徳川家康公の霊廟を守る、霊獣や仕掛けを施しています。 陽明門

陽明門(ようめいもん)陽明門 はとにかく、ものすごく豪華な門で、またの名前を「ひぐらしもん」と言…

車いすで行く日光

秋晴れの湯元園地を「ナナ」とお散歩。 湯元園地 をお散歩

湯元園地標高1500メートルの日光湯元園地は、夏は涼しく歩いていても気持ちいいですが、秋…

日光の見どころ

  1. 自然探究路
  2. 親地蔵御首(おやじぞうおんくび)というのは1902年(明治35年)の大洪水で流されてしまったお地蔵さまの首です。大谷川の川底に沈んでいるのを地元の人が見つけて助け出しました。今では浄光寺の境内に祀られています。
  3. 大勢の人の願いをかなえてくれます。混んでいるときは宝刀の入り口くらいまで人が並んでいます。

世界遺産エリアから探す

奥日光エリアから探す

日光体験レヴュー

  1. 投扇興に夢中のおばあちゃん
  2. 天然かき氷は真冬に作った氷を「氷室(ひむろ)」という貯蔵室に保管して夏にかき氷にして食べます。平安時代から食べられた氷を使った日本古来のデザートの一つです。「関東の冷蔵庫」という異名がある日光ではその寒さを利用して「天然かき氷」を作ってきました。口の中でふわっと溶ける食感です。
  3. 中禅寺湖を見ながらお風呂に入るのは素敵な体験ですね!

霧降高原エリアから探す

PAGE TOP