相の間

相の間(あいのま)

相の間(あいのま) は大猷院の「拝殿」と「本殿」をつなぐお部屋です。その三つの建物で「工」の字の形をしています。東照宮の「石の間」と同じように「聖域」と「俗世」をつなぐ役割です。そして将軍家しか 相の間 には入れなかったそうです。ちょうど、東照宮の将軍着座の間のようですね。 相の間 には大名からの献上品が置かれていいます。

外から見た拝殿、相の間、本殿

日光山輪王寺に関する他の記事

関連記事

  1. 弘法大師空海が修業していたら、女神が現れたという「影向石(ようごうせき)」

    影向石

    影向石 (ようごうせき)「影向石」とは820年に空海がこの地で祈っていたら、美しい女神が現れ…

  2. この下に徳川家康公が眠っているそうです。徳川埋蔵金も一緒に埋まっているのでしょうか。

    宝塔 (ほうとう)

    宝塔宝塔 には神君家康公の神柩(しんきゅう)が納められています。 宝塔 は最初は木造、後に石…

  3. 内番所は昔は東照宮を警備する武士たちの詰め所でしたが、今ではお守りや、お札を売っています。

    内番所

  4. 釈迦堂の近くに、赤い建物(お堂)があります。延命地蔵尊と呼ばれる像が収められています。一般的に「延命地蔵尊」とは新しく生まれた命を守り、その寿命を延ばしてくれる地蔵尊です。短命・若死を免れるために信仰されています。

    延命地蔵堂

    延命地蔵堂釈迦堂近くにある赤いお堂は「延命地蔵堂」と呼ばれています。中には「延命地蔵尊」とい…

  5. 花石神社

    花石神社

    花石神社由来 日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。…

  6. 拝殿は一般の方が儀式や参拝の為に上がる場所です。その奥に神様がいらっしゃる「本殿」が続きます。

    拝殿

    日光二荒山神社の 拝殿二荒山神社の拝殿は神門をくぐると正面にあります。「 拝殿 (はいでん)…

  7. 「運試しの鳥居」は石鳥居の穴の中に小石を3回投げて、その日の運勢を占います。

    運試しの鳥居

    運試しの鳥居 (うんだめしのとりい)滝尾神社の楼門の手前に石の鳥居があります。鳥居の真ん中に…

  8. 日光山中禅寺の山門をくぐり境内を進みます。左手に手を洗うところがあるので、手を洗って鐘を突きます。鐘をついたらさらに奥に進みましょう。そうすると右手に愛染明王(あいぜんみょうおう)を祀った 愛染堂 があります。ここは、映画「愛染かつら」のロケ地としても有名です。

    愛染堂

    愛染明王愛染明王(あいぜんみょうおう)は人間につきものの煩悩、すなわち欲望・執着心を悟りに変…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP