明智平

明智平(あけちだいら)

明智平 は第2いろは坂を昇り切る少し手前にあります。「 明智平 パノラマレストハウス」と「 明智平 ロープウェー」があり、軽く食事をする場所とトイレがあります。また、外にもトイレがあるので夜間でも大丈夫です。ロープウェーに乗れば、展望台まで3分で眼下に華厳の滝、中禅寺湖、そして男体山の雄大な景色が広がります。

明智平は誰がつけたのか?

明智平 (あけちだいら)という地名は「天海僧正」がつけたのだと言われています。そしてだからこそ、天海僧正は「明智光秀」ではないかと歴史の謎が生まれています。
本当にそうなのでしょうか?明智光秀は織田信長の家臣で年齢的にも徳川家康公の方が若く天海僧正は当時としてはまれに見る長命で108歳まで生きたそうですが、もし本人だとすると、115歳ということになります。タイムマシーンを発明してもらわないとなぞは解明できないですね。

明智平 展望台

明智平 展望台で遊ぶ

展望台の双眼鏡で見ると遠くまで見えます。この日はテレビ局のヘリコプターも出ていました。

明智平 から「 明智平 ロープウェー」にのると、3分で展望台に到着します。日光の代表的なビュースポットで、晴れて空気が澄んでいるときは筑波さんや太平洋まで見渡せるということです。 明智平 ロープウェーは年中無休なので冬の天気がいい日に行っていると紅葉だけではない素晴らしい日光が待っていることでしょう。

明智平 展望台から茶の木平へ

明智平 展望台から茶の木平方面に遊歩道があって、中禅寺湖まで抜けることができます。紅葉のハイシーズンなどは中禅寺湖周辺の道路は一歩も動かなくなってしまうので、徒歩で中禅寺湖スカイラインの展望台や 明智平 を目指すこともできます。

関連記事

  1. 「華厳の滝(けごんのたき)」は日本の3大名瀑に数えられているだけでなく、日光と奥日光の3大名瀑にも数えられている滝です。落差97メートルを一気に落ちる様は豪快な景色です。日光開山の祖「勝道上人」が発見したといわれていますが、勝道上人も初めて見たときは神の住む山だと確信したことでしょう。

    華厳の滝

    華厳の滝(けごんのたき)華厳の滝 は「日本の三大名瀑」の一つです。残り二つのうち一つは同じく…

  2. ロープウェーで上まで行くと「天空の足湯」や二荒山神社の支社があります。

    日光白根山ロープウェー

    日光白根山ロープウェー湯元温泉を通り過ぎて金精道路をドンドン進んでいくとその途中に菅沼・丸沼…

  3. 日光の低公害バスは一般車両の通行が禁止されている道を走ります。国道以外はどこでも手を挙げると乗り降りできます。奥日光の自然を自動車の排気ガスから守るために1993年から始まりました。赤沼から千手ヶ浜までを結ぶ道路を歩いていると、使われない駐車場などがあり、一瞬「千と千尋」の世界に行ったような錯覚を覚えます。

    低公害バス

    低公害バス国道120号線から小田代が原へはマイカーで行ける道路がありました。ですが、奥日光の紅葉…

  4. 三本松から見える男体山。昔は本当に三本の松の木があったという三本松園地。戦場ヶ原が一望できる展望台もあるので、昔も今も多くの人が利用しています。

    三本松

    三本松(さんぼんまつ)三本松 は赤沼と湯元温泉の中間地点くらいに位置していて、三本の松が…

  5. あっという間に中禅寺湖と華厳の滝の雄大な景色に到着します。

    明智平ロープウェー

    明智平ロープウェー明智平ロープウェー はあと少しで中禅寺湖に到着するところにあります。レストハウ…

  6. 日光白根山ロープウェーに乗って、一気に標高2000メートルの地点まで上がるといろいろなことができます。そのまま、白根山に行くことも、周辺を散策することもできます。白根山散策にはコースが2種類あります。史跡散策コースと自然散策コースです。どちらも白根山登山よりは気軽にできます。

    白根山散策

    白根山散策丸沼高原スキー場のホームページには山頂駅から白根山まで登山する動画、丸沼高原スキー…

  7. いろは坂(上りの第2いろは坂)の途中にある黒髪平(くろかみだいら)は、明智平の少し手前になります。パーキングスペースがあるので、車を止めて景色を眺めると日光市などが一望できるとても良い眺めです。

    いろは坂

    いろは坂いろは坂 は日光市街と中禅寺湖を結ぶ道路です。多くの修験者僧が中禅寺湖や男体山を目指して…

  8. 大日橋

    大日橋 のおかげで便利になりました。2000年(平成12年)、ウォーキングトレイル事業の一環…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP