渋滞を避けて関越道

渋滞を避けて関越道

奥日光は冬支度の真っ最中!


昨日、玄関のポストに電気料金のお知らせが入っていました。昨年の9月に比べて40パーセント近く電気の使用量が少ないそうです。私が頑張って節電しているのでなく、天気が節電モードに入ってくれています。今年の夏も35度を超える猛暑日が続き暑かったですが、9月に入ったら急に涼しくなってエアコンをほとんど使っていないから40パーセントも昨年の9月よりも少ないのです。
電力会社として売上ダウンで、さらに値上げに向かう理由になってしまったかもしれません。下界でも、このように過ごしやすい日々が続いているので、きっと奥日光はもっともっと、涼しいだろうと思います。

先日、お伝えしたように戦場ヶ原では初霜・初氷の観測がありました。今日も、湯元温泉の最低気温は4度だそうです。日中は17度くらいまで上がるので、紅葉がどんどん進みますね。

湯川の釣りも9月30日までです。


湯の湖、湯川の釣りの解禁期間も、あと1週間で終わりです。抱えるほど大きな「ニジマス」を釣る人もいるそうです。
詳しいことはこちらのホームページをご覧ください。

戦場ヶ原の草紅葉(くさもみじ)


葉の色が、深い赤色から、茶色、黄色になって、まるで絨毯のような深い味わいを出します。
葉の色が、深い赤色から、茶色、黄色になって、まるで絨毯のような深い味わいを出します。


戦場ヶ原では草紅葉(くさもみじ)が見ごろだそうです日光の山々がどんどん、色合いを増す頃、湿原の草たちもどんどんと、色を秋色に変えていきます。
戦場ヶ原の草紅葉の見ごろは短いのでぜひ、日光においでおいください。日光自然博物館のホームページに出ていました。

渋滞を避けて関越道


ハロウィーンのジャックオーランタンになる大きなカボチャが道路の脇で売られています。
ハロウィーンのジャックオーランタンになる大きなカボチャが道路の脇で売られています。


滝がⅤ字に切り込まれた滝壺に入り込んでいく不思議な形の滝。NHKの大河ドラマでも滝の映像が使われました。
滝がⅤ字に切り込まれた滝壺に入り込んでいく不思議な形の滝。NHKの大河ドラマでも滝の映像が使われました。


日光は紅葉シーズンになると多くの観光客が訪れます。いろは坂はいつも大渋滞です。そこで、こんなプランはいかがでしょうか?

戦場ヶ原や湯元温泉の紅葉をみて、金精道路を抜けて日光白根山ロープウェーの乗って、さらに紅葉を堪能した後、沼田まで行って関越自動車道で東京に帰ります。

もし、日程に余裕があるのなら、途中で老神温泉で一泊するのもおすすめです。
老神温泉は、男体山の神様と中禅寺湖を取り合って戦争になり、残念ながら破れてしまった、赤城山の神様(大ムカデ)が傷を癒した温泉だそうです。
また、金精道路を走っていると10月の初めごろまでは、ハロウィーンに使えるような大きなカボチャが道路の脇のお店で売られています。
沼田まで来ると、東洋のナイヤガラとも言われている「吹き割れの滝」があります。また、沼田の周辺にはフルーツ農家さんがたくさんあって、もぎ取りなどの体験もあって、夏に行っても楽しいところです。