化け地蔵

慈雲寺 の「 化け地蔵 」

慈雲 寺の護摩壇「霊庇閣(れいひかく)」をさらに進むと「化け地蔵」と呼ばれるお地蔵さまが100体近く並んでいます。これも、1902年の大洪水で流されてしまって実際には70体くらいしかないそうです。

こちらのお地蔵さまたちは行に数えた数を帰りに数えた数が合わないという事で「化け地蔵」という名前がありますが、今では数が合わないという事はないそうです。

化け地蔵の真実

二人して一生懸命、数を数えていましたが、どうやら二人の意見が一致しないようです。こんな明るい日なら数があわなくても気になりませんが、霧の出ている夕暮れ時だと嫌ですね。

二人して一生懸命、数を数えていましたが、どうやら二人の意見が一致しないようです。こんな明るい日なら数があわなくても気になりませんが、霧の出ている夕暮れ時だと嫌ですね。

「化け地蔵」には「並び地蔵」、「百地蔵」など名称があります。数えるたびに数がかわるという事で、「化け地蔵」という名前が一番有名です。
では、なぜ数がかわるのでしょうか?
大谷川沿いなので、霧が発生することが多く、昼間で幻想的な風景です。しかも、隣のお地蔵さまとの間隔が狭いことと、お地蔵さまなので、似たようなお姿ばかりです。そんな要素が重なって数があわないのではないでしょうか。

1902年(明治35年)の大洪水

大谷川に埋まっていたお地蔵さまの首は助け出されて今では浄光寺に安置されています。

大谷川に埋まっていたお地蔵さまの首は助け出されて今では浄光寺に安置されています。

「化け地蔵」は以前、100体近く並んでいたそうですが、1902年(明治35年)の大洪水でだいぶ流されていました。
地蔵群の先頭には「親地蔵」といって大きなお地蔵さまがいらっしゃいますが、その親地蔵も流されてしまいました。
ところが、首が大谷川の川底に沈んでいるのを地元の人が発見して、今では浄光寺(じょうこうじ)の境内にいらっしゃいます。

関連記事

  1. 恒例山(こうれいさん)から湧き出る泉と滝尾神社近くの天狗沢から湧き出る泉が一緒になった「二荒霊水」

    二荒霊水

    二荒霊泉(ふたられいすい)「 二荒霊水 」は滝尾神社境内に湧く「酒の泉」と恒霊山から湧く「薬…

  2. 神様のいらっしゃる場所なので、きちんと挨拶をします。

    本殿・拝殿・神楽殿

    二荒山神社中宮祠のご祭神二荒山神社中宮祠のご祭神は日光市内にある新宮(日光東照宮の隣)と同じ…

  3. 日光山中禅寺の境内の中にある大きな瘤に自分の悪いところ、痛いところをつけると治るという事です。

    身代わりの瘤

    身代わりの瘤日光山中禅寺の境内の中に大きな瘤が出来ている木があります。私たちの悪いところ、痛い…

  4. 中禅寺の秘仏。日光開山1250年で初めて公開される。

    中禅寺の秘仏「吉祥天(きっしょうてん)」

    歌が浜の伝説784年に男体山登頂を成功した勝道上人が中禅寺湖に小舟を浮かべと、天女が舞い降り…

  5. お寺の境内にある「鐘」のことで、浄光寺の梵鐘は日光で現存する鐘の中では一番古いものだそうです。

    梵鐘

    浄光寺の 梵鐘 (ぼんしょう)日光山で現存する最古の「 梵鐘 (ぼんしょう)」で1459年に…

  6. 江戸時代までは将軍しかいくことができなかった奥宮に通じる門なので、「開かずの門」とも言われていました。

    坂下門

    坂下門日光東照宮東回廊にある眠り猫と通り過ぎると正面に「 坂下門 」があります。その 坂下…

  7. 二荒山神社にも「縁結びの笹」があり、夏には良い縁まつりも行われます。

    縁結び ーよい縁まつり

    良い縁まつり縁結び の神様として有名な「二荒山神社」では、毎年夏から秋にかけて、「良い縁まつ…

  8. 唐銅鳥居 は陽明門、そして家康公の眠る奥宮への結界です。

    唐銅鳥居

    パワースポットー唐銅鳥居パワースポットとして有名な東照宮の御水舎で手と口を清めて進むと、鳥居…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP