松尾芭蕉 句碑

大日堂跡の句碑

「あらたうと青葉若葉の日の光」
『日光山はなんと、尊いことだろう。日の光があんなにキラキラと輝いている。これはきった弘法大師様と東照宮様のおかげだ』
といったような意味で、神君家康公を仰ぎ見る俳句となっています。
この句碑もやはり、1902年(明治35年)の大洪水で流されてしまったので、7年後に再建されたものです

松尾芭蕉 はスパイだった?

松尾芭蕉が泊まったという、水戸藩の僧坊がありました。

松尾芭蕉が泊まったという、水戸藩の僧坊がありました。

学校の授業で必ず出てくる松尾芭蕉の「奥の細道」、最初は俳句集だという認識でした。
そのうちに、これは江戸時代の「旅行記」なんだと思いました。
ところが、「松尾芭蕉は幕府のスパイ」だったという話が出てきました。
「俳人」という隠れ蓑で、実は幕府の情報を直接、地方の代表者に直接伝える役割と、地方の情報を幕府に直接伝える役割があったそうです。確かに、松尾芭蕉は日光では水戸藩の僧坊に泊まっているそうなので、そんなこともあったかもしれません。

関連記事

  1. 日光は東照宮や大猷院など、家康公や家光公のお墓だし、文化財としても貴重なものだったので、特別に火災から守る「火消隊」を編成しました。殉職なされた方を弔うために1834年、防火隊碑が浄光寺に建立されました。

    防火隊碑

    八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)江戸時代も現代も火災はとても怖いものです。特に、…

  2. 日光植物園の近く、国道120号線上を挟んで日光植物園の反対側あたりに「夜泣き石」はあります。日光の「夜泣き石」は夜泣きする赤ちゃんを連れて行ってお願いすると赤ちゃんの夜泣きが泊まるというものです。

    夜泣き石

    夜泣き石 (よなきいし)「夜泣き石」という検索キーワードで検索すると、全国各地の「夜泣き石」…

  3. 日光の七不思議に数えていいかと思いますが、こちらは勝道上人のお弟子さんのお墓ですが、移転しようとすると事故が起きることが何度も起きたので移転はあきらめてここにおいてあるそうです。

    教旻僧都の墓

    教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひ…

  4. 徳川家康公の側室、お六の方のお墓と水戸頼房の母、英勝院のお墓があります。もとは水戸藩の僧坊があり、松尾芭蕉も日光に来た時に宿泊しています。

    養源院 跡

    養源院跡(ようげんいんあと)養源院 跡というのは、徳川家康公の側室「お六の方」( 陽源院…

  5. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓がある「開山堂」近くの仏岩に下に6体の石仏が並んでいます。

    六武天像

    六武天像 (ろくぶてんぞう)六武天像 は開山堂の裏手の崖の足元に設置してある六体の石仏です。…

  6. 日光が山岳信仰の聖地として賑わっていたころ、多くの修験者僧がここから女峰山に入り、山で修業をしていました。「行者堂」はそんな修業する人を代表して「役 小角(えんのおづめ)」を祀っています。

    行者堂

    行者堂 (ぎょうじゃどう)行者(ぎょうじゃ)とは荒修行を行う人のことです。たとえば、断食や針…

  7. 男体山が山岳信仰の聖地として賑わっていたころは女人禁制だったため、女性は中禅寺湖まで行くことができませんでした。ある「巫女さん」が自分なら神様にお仕えする巫女さんだから大丈夫だろうと、上ったところ牛さんと同じに石になったという言い伝えがあります。中禅寺湖湖畔の大鳥居のそばに、巫女石はあります。

    巫女石

    ペトリフィカストタルス「石になれ」ハリーポッターの中で時々出てくる呪文で相手を石にしてしまう呪…

  8. 1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康公がお乗りになった馬を悼む石碑です。

    神馬の碑

    神馬の碑 (しんめのひ)神馬の碑 (しんめのひ)というのは、徳川家康公が関ヶ原の戦いで乗った…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP