防火隊碑

八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)

江戸時代も現代も火災はとても怖いものです。特に、日光のような貴重な文化財がたくさんある場所は、一瞬で今までの歴史的建造物がなくなってしまうので火災には一番注意を払っていました。
1652年4代将軍、家綱の時代に「日光火之番」という、「火消隊」を作りました。その火消(ひけし)の役にあたった人が主に八王子出身だったので、「八王子千人同心」と呼ばれたそうです。

日光火之番八王子千人同心顕彰之燈

東照宮の参道を降りたところに、八王子千人同心の活躍を記念した「日光火之番八王子千人同心顕彰之燈」を1958年に日光市、八王子市、東照宮、輪王寺、二荒山神社で相談して建てたそうです。

防火隊碑

浄光寺にある「防火隊碑」は1834年(11代将軍家斉の時代)に建てられました。こちらは火消の作業で殉職した隊員を弔うために建てられたそうです。

関連記事

  1. 滝尾神社のご祭神、田心姫命(たごりひめのみこと)が、お手をかけたといわれています。学問の神様、菅原道真公を祀った「北野神社」をお参りした後に、この「手掛け石」に手をかけてお願いすると文字が上達するという事です。

    手掛け石

    手掛け石(てがけいし)手掛け石 (てがけいし)とは、昔、滝尾神社のご祭神の田心姫命(たごりひ…

  2. 日光の七不思議に数えていいかと思いますが、こちらは勝道上人のお弟子さんのお墓ですが、移転しようとすると事故が起きることが何度も起きたので移転はあきらめてここにおいてあるそうです。

    教旻僧都の墓

    教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひ…

  3. 日光植物園の近く、国道120号線上を挟んで日光植物園の反対側あたりに「夜泣き石」はあります。日光の「夜泣き石」は夜泣きする赤ちゃんを連れて行ってお願いすると赤ちゃんの夜泣きが泊まるというものです。

    夜泣き石

    夜泣き石 (よなきいし)「夜泣き石」という検索キーワードで検索すると、全国各地の「夜泣き石」…

  4. 日光奉行所は3代将軍徳川家光公の側近「梶定良」の屋敷を奉行所にしていました。江戸幕府が終わり、明治政府になった時に建物も取り壊されてしまったそうですが、金谷ホテルの武家屋敷のように残っていれば一般公開できたのに残念です。

    日光奉行所

    日光奉行所日光奉行所 は3代将軍徳川家光の家臣「梶定良」のお屋敷だったそうです。梶定良は滝尾…

  5. 金谷ホテルの元のなった「金谷武家屋敷」は、一般公開の準備中です。隣に金谷ベーカリの出店があります。

    金谷武家屋敷

    金谷武家屋敷金谷武家屋敷 は350年くらい前に建てられた、もともと武士の家でした。しかも、「忍者…

  6. 徳川家康公の側室、お六の方のお墓と水戸頼房の母、英勝院のお墓があります。もとは水戸藩の僧坊があり、松尾芭蕉も日光に来た時に宿泊しています。

    養源院 跡

    養源院跡(ようげんいんあと)養源院 跡というのは、徳川家康公の側室「お六の方」( 陽源院…

  7. 松尾芭蕉は1689年(5代将軍綱吉の時代)江戸を出発し、日光を通って東北、北陸を回って江戸にもどってきて、「奥の細道」という旅行記を書きました。日光には松尾場所が読んだ俳句の句碑がいくつか残されています。

    松尾芭蕉 句碑

    大日堂跡の句碑「あらたうと青葉若葉の日の光」 『日光山はなんと、尊いことだろう。日の光があん…

  8. この先は滝尾神社という、神様の領域に入っていくので不浄はいけませんという石碑です。

    大小便きんぜい

    大小便きんぜいの碑滝尾神社へ向かう石畳を歩いていくと「大小便きんぜいの碑」という文字が刻まれ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP