銅像

日光にかかわった人の銅像

日光山の入り口、神橋付近には日光にかかわった人物の銅像が立っています。一人は徳川の3代の将軍たちにお仕えして家康公の霊廟として日光を推薦した「天海僧正」です。もう一人の銅像は戊辰戦争の時に日光を戦火から守った板垣退助の銅像です。

天海僧正(てんかいそうじょう)の銅像

徳川家康公に「日光」の地が最高のパワースポットであると推薦した「天海僧正」の銅像は神橋の反対側に日光山に向かう形で立っています。

徳川家康公に「日光」の地が最高のパワースポットであると推薦した「天海僧正」の銅像は神橋の反対側に日光山に向かう形で立っています。

天海僧正の銅像は神橋の反対側にあり、ちょうど日光東照宮などを仰ぎ見る位置にあります。天海僧正と日光のかかわりは非常に濃く、また、天海僧正の出生が不確かなので明智光秀と天海僧正を紐づける様々な伝説があります。
たとえば、日光にある「明智平」という地名は天海僧正がつけたものといわれています。また、日光東照宮には徳川家の葵の紋の他に明智光秀の桔梗紋が目立たないように配置されているそうです。
そのほかにもたくさんありますが、その真偽のほどはよくわかりませんが、徳川家康公に日光の地を徳川家康公の霊廟とするようにアドバイスしたのは確かなようです。日光は古くから山岳信仰の聖地として神々のパワーが宿っているうえに、江戸城との位置関係からも徳川家、そして江戸に繁栄をもたらす地形上の理由が整っていたようです。

天海僧正は日光山の第53代貫主(かんず)

天海僧正は天台宗輪王寺第53代貫主にもなっています。天海僧正が日光を家康の霊廟としたことで、3代将軍家光はおじいちゃんの為に心をこめて日光東照宮を立派なものとしました。

板垣退助の銅像

日光金谷ホテルに上がっていく道のふもとに立っています。

日光金谷ホテルに上がっていく道のふもとに立っています。

徳川家300年の歴史は1867年10月14日に第15代将軍徳川慶喜が大政奉還したことで終わりを告げました。ですが、細かな争いは各地で続いていました。江戸城が無血開城したことで徳川家の聖地、日光で巻き返そうと大勢の幕府軍が詰めかけて不穏な空気だったそうです。日光東照宮という文化的に価値があるものを戦火で消失することを憂えた板垣退助は水面下で江戸城と同じように無血開城するように働きかけたそうです。1999年に世界遺産として登録できたのも板垣退助がいたからこそですね。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 赤城の山の神様と日光の山の神様が中禅寺湖をめぐって戦ったそうです。

    赤城山と日光の戦い

    中禅寺湖をめぐる神話日本昔話に中禅寺湖の神話が載っていました。赤城山の神様は中禅寺湖のお水…

  2. きれいになった日光東照宮陽明門

    日光東照宮陽明門竣工記念

    日光東照宮の陽明門は40年ぶりの大改修を終えて2017年3月11日に公開を再開しました。陽明門は…

  3. 毎年行われている環境保護活動。外来種は本来の生物にダメージを与えてしまいます。

    夏休みの宿題 ーオオハンゴウ草除去作戦 

    オオハンゴウ草除去作戦夏休みの宿題 毎年親としても頭が痛いです。日光には夏休みによく行く…

  4. 日光の渋滞に「コリゴリ」なんて、ならないように日光が大好きな管理人が日光の 渋滞を回避 する方法を押します。

    日光の紅葉2014そして 渋滞を回避 する方法

    渋滞を回避 しよう!日光の紅葉と同じくらい有名ですごい日光の渋滞!!初めて行った日光で渋滞に…

  5. 晩秋の奥日光にはぴったりの風景です。

    朽ちた桟橋

    「もう一つの日光」と呼ばれる滝尾神社のコースや寂光寺のコースを歩いていると、時間がタイプスリップした…

  6. 日光の観光ガイドですが、英語と日本語で書かれています。

    日光ガイドブック ー英語と日本語で楽しむ日光

    英語と日本語で楽しむ日光世界遺産に指定されている日光山内にある神社仏閣から奥日光の自然まで日光の…

  7. 「奥日光そぞろ歩き」さんは、奥日光でガイドをしていらっしゃる方のブログです。いつも戦場ヶ原や小田代が原の旬な情報が書いてあります。ガイドをなさっているだけあって、私では行かれない、奥の方の滝や湖、そして登山の事も書いてあります。

    奥日光そぞろ歩き

    奥日光に行く前にチェックするブログ「 奥日光そぞろ歩き 」「 奥日光そぞろ歩き 」さんのブログは…

  8. 鳥居は神様の領域と人間の領域との結界です。中央を神様が通られる場所です。

    神社の正しい 参拝方法

    神社の正しい参拝の仕方運気アップ や、運気向上、縁結び、商売繁盛などなど、さまざまな理由で神社に…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP