日光の公共施設

Category
アーネストサトウの別荘だったものをその後イギリス大使館別荘として使用しています。
国際避暑地日光 明治の幕開けとともに、日光は大きく変わりました。特に明治の半ばからは多くの外国の貿易商が日光を訪れ、特に中禅寺湖畔の気候が祖国の気候に似ているということで多くの大使館が別荘を中禅寺湖畔に建てました。 現在でもベルギー大使館、フランス大使館などは実際に使われています。 イタリア大使館も1997年まで使用さ...
大正天皇の為に日光田母沢御用邸は作られました。1899年(明治32年)から3代にわたる天皇・皇太子が利用しました。現在は公園とともに、建物も一般公開されています。
日光田母沢御用邸(にっこうたもざわごようてい) 日光田母沢御用邸記念公園 は1899年(明治32年)に作られてから1925年(大正14年)夏まで大正天皇が毎年のようにご静養に訪れた建物です。現在の天皇陛下も第2次世界大戦のときに日光に疎開した時に滞在されたそうです。建物の中にはいると当時の皇室の生活を垣間見ることができ...
中禅寺湖畔のあるボートハウス。中禅寺湖は昭和の初めまで外国の避暑地として賑わっていました。中禅寺湖畔の別荘にはボートがつきものです。
[su_slider source=”media: 6767,6766,6765,6770,6769,6771,6772″ target=”blank” height=”240″] ボートハウス 「日光好き」を自慢している私ですが、ひとつだけ残念に...
中禅寺湖には明治になるまで魚は住んでいませんでいた。さかなと森の観察園では中禅寺湖に魚がすむようになった過程がわかります。
さかなと森の観察園 龍頭の滝のそばに「 さかなと森の観察園 」という公共施設があります。中禅寺湖のマスなどの魚の生態を研究しています。園内にはヒメマスやカワマスの養殖場もあり、餌をあげることもできます。龍頭の滝の手前にあって、駐車場もあるので小中学生がいらっしゃるご家庭は一度訪れと夏休みの宿題などに役立と思います。 さ...
日光湯元ビジターセンターでは、奥日光の自然を触れ合えるようなイベントがたくさんあります
日光湯元ビジターセンター [su_slider source=”media: 7341,7340,7336,7334,7333,7332,7331,7330,7329,7328,7327″ target=”blank”] 日光湯元ビジターセンター は1994年に奥日光の情...
日光自然博物館では自然に触れあえるイベントの他、管内では夏休みの宿題に役立ちそうな展示物がたくさんあります。
日光自然博物館 日光自然博物館 は中禅寺湖のすぐそばにあります。明智平を過ぎて更にまっすぐに進んでいくと道路がT字路になります。右に曲がると 日光自然博物館 です。奥日光の自然の情報や、渋滞などの道路情報、気象情報など奥日光の事なら何でも知ることができます。ついたら一番によるといいと思います。 日光自然博物館 で出来る...
日光湯元温泉にある足湯は「あんよの湯」という可愛いネーミングです。子供たちが小さい頃にできました。「あんよの湯」の底の石がデコボコになっているところがあって、歩くと足裏マッサージのような効果があります。泉質は日光湯元温泉なので、白く白濁した単純硫黄泉です。
あんよの湯 [su_slider source=”media: 11075,11076,11069,11072,12015″ target=”blank”]   「 あんよの湯 」も「天空の足湯」と同じように無料です。ですが、冬季は閉鎖されてしまうのでご注意くだ...
「天空の足湯」は標高2000メートルの日光白根山ロープウェーの山頂駅にある足湯です。
足湯(あしゆ) 足湯とは、足だけ温泉につかることです。靴下だけ抜けば温泉に入れるので、温泉街などに設置されていることが多いです。日光湯元温泉にも「あんよの湯」という足湯があります。「天空の足湯」は日光白根山ロープウェーの山頂駅にあるので、標高2000メートルもあります。標高の高い足湯ベスト10とか探してみたら、きっとベ...
明治の後半から昭和初期まで夏になると大使館の業務は中禅寺湖畔に移動するといわれるほど、各国の大使館別荘が並んでいました。
イタリア大使館別荘 明治になって外国の方大勢、日本に訪れるようになると、中禅寺湖湖畔はその風景や気候などから多くの外国人から高い評価を得るようになりました。大正時代から昭和初期までは中禅寺湖湖畔は外国の方の別荘地となりました。 イタリア大使館別荘 は1997年まで使われていました。今は、建物と周辺を整備して公園になって...