日光の気候

日光の気候

日光の気候の特徴

日光の気候の特徴は「関東の冷蔵庫」と呼ばれるだけあって、冬の寒さがとてもきびしいです。ですが、夏も同じように涼しいのでとても快適な夏を過ごせます。日光は東京から、わずかに150キロ北に行っただけですが、東京とは全く違う気温と湿度です。平均気温は市街地で12度程度、山間部では7度程度であり、戦場ヶ原の1月の平均気温は氷点下7度で、最低気温がマイナス20度になることもあります。雪もたくさんふり、湯元温泉にはスキー場もあります。
日光の気候は海外の避暑地の気候に似ていると、早くから日本に住む海外のビジネスマンから日光は注目されました。

日光の気候の特徴~夏がとても涼しい

8月の東京は夜中でも30度以上あるし、昨年などは猛暑の夏だったので、真夜中でも35度以上の夜が何日も続いたものです。
ですが、日光では最高気温が25度超えることなく、しかも湿度もないので、ひなたは暑くても木陰に入ると涼しくて、湯元温泉で温泉に入ったあとも冷たいお水を飲んで、高原の爽やかな風に吹かれたら、一日の疲れもあっという間にどこかに飛んで行ってしまします。8月に日光に行くと家に帰るのがほんとにいやです。
中禅寺湖の周辺は一時期、外国の避暑地としてにぎわっていました。いまでも、各国の大使館の跡地や実際に使われている建物もたくさんあります。明治後半から昭和にかけて大使館の業務は夏になると日光に移動するといわれたほど、中禅寺湖畔は外国の避暑地といてにぎわいました。
また、戦場ヶ原では夏の涼しさを利用してイチゴの栽培がおこなっています。これは、奥日光の涼しさを利用してイチゴに冬を疑似体験させた後に下におろしてハウスの中で春を体験させると11月、12月に寒い時期にイチゴの収穫ができます。

日光の気候の特徴~冬の寒さが厳しい

日光の気候の特徴の一つとして、夏の涼しさに比例して冬の寒さが非常に機微いという事があります。戦場ヶ原の1月の平均気温は氷点下7度ととても厳しいものがあります。雪もたくさん降るので、湯元温泉にはスキー場もあります。

日光の気候の特徴~標高差がある

日光の気候の特徴にもう一つ重要なポイントに「標高差がある」という事です。日光市街と湯元温泉や霧降高原などとの標高差があるので、一口に日光の自然、日光の気候とは言えず、同じ日光でもバラエティーに富んだ自然模様を見ることができます。
日光市街が約530メートル
奥日光になると一気に1000メートルくらいになります。中禅寺湖畔で1269メートル、湯元温泉では1479メートルです。
ですから、日光市街ではエアコンのあるお店や家が多く見かけられますが、中禅寺湖畔や湯元温泉のお店でエアコンのあるお店は見かけません。
温泉に入った後でも扇風機の風に当たると涼しくなります。
このように、日光の気候は標高差があることが特徴の一つです。ですから、紅葉を楽しめる時期も非常に長いです。
9月には白根山や標高の高い山々の紅葉が始まり、10月の初めには湯元温泉や奥日光、そして徐々に下に降りていきます。日光市街の紅葉が11月中旬まで楽しめるといったように3か月くらいは日光のどこかしらで紅葉が楽しめます。

おすすめ新着記事

Comment on Facebook