大日橋

大日橋 のおかげで便利になりました。

2000年(平成12年)、ウォーキングトレイル事業の一環として作れられた大谷川にかかる吊り橋が「大日橋」です。周辺には桜の木が多く、春には桜の名所として楽しめそうです。この橋ができたことで、憾満が淵から大谷川を渡って国道120号線の方に簡単にいくことができるようになりました。(もちろん、車は通ることはできません。)

大日堂跡

大日如来を祀る「大日堂」は大洪水で基礎の石をとどめただけで後はすべて流されてしまいました。

大日如来を祀る「大日堂」は大洪水で基礎の石をとどめただけで後はすべて流されてしまいました。

大日如来を祀った「大日堂」は1902年(明治35年)の大洪水で、すべて流されてしまいました。お地蔵さまや石碑などは地元の方が見つけて元の場所に戻されたものがいくつか今でも残っていますが、そのほかのものは跡形もなく流されてしまいました。1902年(明治35年)の大洪水はものすごく大きな被害を日光各地にもたらしました。日光の歴史的に価値ある文化財だけでなく、亡くなった人も何百人も出るというものでした。

日光1万歩ハイキング

日光総合会館から1万歩歩けるハイキングコースの中に「大日橋」も入っています。
地図はこちらです
日光市でハイキングするときに参考にしてください。

流されたお地蔵さま建物の基礎芭蕉の句
お地蔵さまも流されてしまって、地元の方が元の場所に戻してくれました。

お地蔵さまも流されてしまって、地元の方が元の場所に戻してくれました。

大日堂の建物はすっかり流されて基礎しか残っていません。

大日堂の建物はすっかり流されて基礎しか残っていません。

松尾芭蕉は1689年(5代将軍綱吉の時代)江戸を出発し、日光を通って東北、北陸を回って江戸にもどってきて、「奥の細道」という旅行記を書きました。日光には松尾場所が読んだ俳句の句碑がいくつか残されています。

松尾芭蕉は1689年(5代将軍綱吉の時代)江戸を出発し、日光を通って東北、北陸を回って江戸にもどってきて、「奥の細道」という旅行記を書きました。日光には松尾場所が読んだ俳句の句碑がいくつか残されています。

関連記事

  1. 小田代が原(おだしろがはら)の「田代」というのは「湿原」という意味で、「小」と合わせて「小さい湿原」という意味です。戦場ヶ原よりも小さいという意味でしょう。

    小田代が原

    小田代が原(おだしろがはら)小田代が原 は戦場ヶ原の西に広がる湿原で、広さ的には戦場ヶ原の4分の…

  2. 「華厳の滝(けごんのたき)」は日本の3大名瀑に数えられているだけでなく、日光と奥日光の3大名瀑にも数えられている滝です。落差97メートルを一気に落ちる様は豪快な景色です。日光開山の祖「勝道上人」が発見したといわれていますが、勝道上人も初めて見たときは神の住む山だと確信したことでしょう。

    華厳の滝

    華厳の滝(けごんのたき)華厳の滝 は「日本の三大名瀑」の一つです。残り二つのうち一つは同じく…

  3. 明智平 ロープウェーに乗れば3分で華厳の滝、中禅寺湖、そして男体山が見ることができる。

    明智平

    明智平(あけちだいら)明智平 は第2いろは坂を昇り切る少し手前にあります。「 明智平 パノラマレ…

  4. 低公害ハイブリッドバスの出発点で、車庫があります。ここから、千手ヶ浜まで春から秋の間、一般車両通行止めの区間を運行します。

    低公害ハイブリッドバスで出かけよう!

    低公害ハイブリッドバス低公害ハイブリッドバス は1993年(平成5年)4月から、自然環境保護…

  5. 滝尾神社に上がっていく石段の左側には小さいけれど美しい滝があります。「白糸の滝」といいます。昔は滝壺で修業する修験者僧がたくさんいたそうです。

    白糸の滝

    白糸の滝樹齢数百年の杉並木の間の石畳を歩いてやっと滝尾神社の入り口に到着しました。ここに、白…

  6. 男体山から噴出した溶岩によって大谷川の流れが堰き止められたり、流れが急に早くなったりしている場所です。昔は「不動明王」が現れる場所とも言われていました。川の流れが不動明王の真言の最後の句「カンマン」と響くことから「憾満が淵」と名付けられました。

    憾満が淵

    憾満が淵憾満が淵は大谷川の見事は景勝と川の流れる音の素晴らしさとが楽しめる場所です。東照宮や…

  7. 日光開山の祖「勝道上人」が中禅寺湖で千手観音様を見たので、以前はこの地に「観音堂」が建てられていました。今、観音堂はありませんが、地名は残っています。そして、「千手ヶ浜」はクリンソウの群生地として有名です。6月~7月初旬にかけて多くの人がクリンソウを見に千手ヶ浜を訪れます。

    千手ヶ浜

    千手ヶ浜(せんじゅがはま)千手ヶ浜 は中禅寺湖の西側にあります。一般の車両が入ることができないの…

  8. 男体山登頂を成功させた後に日光開山の祖「勝道上人」は日光湯元温泉を発見しました。そして薬師如来を祀りました。温泉としての効果も絶大で、その後多くの人が日光湯元温泉に湯治にきました。現在では湯の湖での釣りをはじめ、スキー場もあり、温泉だけでなく奥日光の観光地として人気があります。

    日光湯元温泉

    日光湯元温泉湯元温泉 は日光開山の祖「勝道上人(しょうどうしょうにん)」が男体山登頂に成功し…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP