世界遺産にわが名を残す!三仏堂の「本堂銅板(平瓦)奉納」

世界遺産にわが名を残す!三仏堂の「本堂銅板(平瓦)奉納」
世界遺産にわが名を残す!
今ならそんな素敵な体験ができます!
三仏堂の「本堂銅板(平瓦)奉納」させていただきました

6月12日放送のモーニングショーで、石原良純さんが日光特集で三仏堂のことを放送していました。今年は陽明門の修復がやっと終わって、豪華絢爛な陽明門が戻ってきたので、当然その放映もありました。
日光山内では、もう一つ大きな修理を行っているところがあります。それが、輪王寺の三仏堂です。
三仏堂、現在はこんな風にスクリーンで覆われています。ですが、400円払うと中に入って、現在行われている修理を目の当たりに見学することができます。

修理中の三仏堂ですが、中に入って修理の現場を見ることができます。
修理中の三仏堂

屋根の葺き替え


修理は以前から行われていたので、いよいよ屋根の葺き替えまで来ました。葺き替えに必要な銅板は参拝者の寄付で賄われるようです。一枚2000円で自分の願いと名前を書くことができます。次の葺き替えは50年後ということなので、50年間、自分の名前が世界遺産にきざまれるなんて、なんてすてき!!
こういうことにすぐに反応(笑)してしまう私は、モーニングショーを見てから、日光に行きたくて、行きたくて!
やっと、今日行ってきました。
とりあえず母が日光に来ることはなかなか難しいので、母の名前を私の名前を銅板に書き込みました。
子供たちは夏休みに日光に行くので、その時にそれぞれが自分の字で書かせます。

母の名代で銅板奉納。母の介護度が少しでも低くなればいいと思い「家内安全」だけで。
母の名代で銅板奉納。

「本堂銅板(平瓦)奉納」ができる場所


輪王寺「三仏堂」で行うことができます。
三仏堂入り口で入場料(400円)払って本堂に入って、道順通りに歩いていると何か所も銅板を奉納できる場所があります。

銅板を奉納できる場所はあちこちにあります。
銅板を奉納できる場所はあちこちにあります。

「本堂銅板(平瓦)奉納」の金額


奉納の金額は一枚、2000円です。奉納の場所には係の人はいなくて(混雑時はもしかしたらいるかもしれませんが私が行った日はいませんでした)2000円を入れる箱がおいてあって、銅板も用意されています。名前を書くためのフェルトペンも用意されています。
銅板のふちがとがっているので、ケガしないように軍手も用意されています。

銅板に何を書きますか?


こんなご時世なので、見本の中にも、また実際の銅板にも、「世界平和」の4文字を書いている人が多いです。
そのほか、商売繁盛、家内安全などが多く書かれていました。願い事の後には日付とお名前を書きます。

銅板張る前
銅板張るまえ