延命地蔵堂

延命地蔵堂

釈迦堂近くにある赤いお堂は「延命地蔵堂」と呼ばれています。中には「延命地蔵尊」という像が祀られています。この延命地蔵尊という像は、日光開山の祖「勝道上人」の作だという事です。
もともとは、湯の湖畔にありましたが、湯の湖は遠いので中禅寺湖湖畔にうつされ、さらに江戸時代までは中禅寺湖は女人禁制だったので、今の場所に移されたそうです。
そして、別名「犬牽き地蔵(いぬびきじそう)」と呼ばれている、とても面白い話があります。

犬牽き地蔵(いぬびきじそう)

湯の湖にある、兎島(うさぎじま)。島という名称ですが、半島のようにせり出した地形です。湿原になっているので、ワタスゲなど湿原の植物が育っています。

湯の湖にある、兎島(うさぎじま)。島という名称ですが、半島のようにせり出した地形です。湿原になっているので、ワタスゲなど湿原の植物が育っています。

日光開山の祖「勝道上人」が男体山登頂を目指していました。勝道上人が男体山登頂を成功させたのが、782年ですから、大体そのくらいの頃だと思います。奈良時代の終わり、後10年ちょっと平安時代になる頃です。
勝道上人の一行が田母沢川付近に来た時に、雲の中から地蔵尊が現れて、「勝道上人の望みは大変で、とても苦労するけれど、必ず望みは叶う」と告げました。
そこで、勝道上人はお地蔵さまを信じて頑張って、男体山登頂に成功し、そのあとに湯元温泉も発見しました。
そこで、勝道上人は石仏を掘って、湯の湖の兎島に祀りました。
そのご、時代は下って室町時代になりました。
湯の湖まで狩りに来た領主が、湯の湖畔で狩りをした獲物で酒宴を開きました。そして、勝道上人が作られた「石仏」(延命地蔵尊)の話を聞くと、自分の犬に石物を結んで湯の湖に投げ入れました。そして、犬が「石仏」を引っ張って泳ぐ姿を見て「ただの石の塊だ」と嘲笑いました。
突然、石仏が起き上がり、犬を引っ張って岸までやってきました。ところが、領主の家来はさらに石仏をつついて、湯の湖に落とそうとすると、空が急に曇って雷が領主と犬の上に落ちました。

中禅寺の僧侶が謝罪の祈りをささげてくれたので、犬と領主は生き返りました。

中禅寺の僧侶が謝罪の祈りをささげてくれたので、犬と領主は生き返りました。

その様子を見ていた木こりが、中禅寺に走って行って僧侶に事の次第を告げて祈祷をしていただくと、領主と犬は元通りに戻ったそうです。
それからこの地蔵を「犬牽き地蔵」といいます。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. もともと、丸い石だったのか、みんながなでたから丸くなったのか、よくわかりませんが、なでると心が丸くなるという丸石です。

    丸石

    丸石(まるいし)「 丸石 」は大国殿の前におかれています。多くの人になでられて丸くなっていま…

  2. どこの神社にも「運試し」があります。二荒山神社の神苑の中にあるのが「運試しの輪投げ」です。

    運だめし の輪投げ

    運試しの輪投げ「 運だめし の輪投げ」は日光二荒山神社の大国殿のそばの「輪投げ」の事です。誰…

  3. 徳川家光公は「辰年」生まれだったことと風水的に「白竜」が随所に用いられています。

    大猷院の唐門

    大猷院の唐門大猷院の唐門 は東照宮の唐門と違って一般公開されているので誰でも通行することがで…

  4. 弘法大師空海が滝尾神社のそばの湧き水を汲んで神様に捧げた水でお酒を造ったらとっても美味しいお酒ができたという事です。

    酒の泉

    酒の泉弘法大師空海がこの泉の水を汲み、神にささげたという事です。そして、そのお供水が酒の味が…

  5. 陽明門を出て、右に曲がると「鳴き竜」で有名は薬師堂の建物があります。

    薬師堂

    薬師堂 は薬師如来を祀っているので「 薬師堂 」陽明門を出て、右に進むと鼓楼の先に 薬師堂 …

  6. 日光二荒山神社の手水舎で手を洗います。神様の領域に入るためには身を清めることから始めます。

    手水舎

    手水舎 (てみずしゃ)手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐ…

  7. 日光二荒山神社の楼門は勝道上人の男体山登頂記念事業です。

    楼門 と神門

    楼門 と神門日光二荒山神社の「 楼門 」は東照宮から「上新道(かみしんみち)」という参道を歩…

  8. 江戸時代までは「星の宮」といって虚空蔵菩薩を祀っていました。神仏分離令で岩裂神社となりました。

    岩裂神社

    岩裂神社(いわさくじんじゃ)いつごろできたかはわかりませんが、昔は「星の宮」と称して「虚空蔵…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP