延命地蔵堂

延命地蔵堂

釈迦堂近くにある赤いお堂は「延命地蔵堂」と呼ばれています。中には「延命地蔵尊」という像が祀られています。この延命地蔵尊という像は、日光開山の祖「勝道上人」の作だという事です。
もともとは、湯の湖畔にありましたが、湯の湖は遠いので中禅寺湖湖畔にうつされ、さらに江戸時代までは中禅寺湖は女人禁制だったので、今の場所に移されたそうです。
そして、別名「犬牽き地蔵(いぬびきじそう)」と呼ばれている、とても面白い話があります。

犬牽き地蔵(いぬびきじそう)

湯の湖にある、兎島(うさぎじま)。島という名称ですが、半島のようにせり出した地形です。湿原になっているので、ワタスゲなど湿原の植物が育っています。

湯の湖にある、兎島(うさぎじま)。島という名称ですが、半島のようにせり出した地形です。湿原になっているので、ワタスゲなど湿原の植物が育っています。

日光開山の祖「勝道上人」が男体山登頂を目指していました。勝道上人が男体山登頂を成功させたのが、782年ですから、大体そのくらいの頃だと思います。奈良時代の終わり、後10年ちょっと平安時代になる頃です。
勝道上人の一行が田母沢川付近に来た時に、雲の中から地蔵尊が現れて、「勝道上人の望みは大変で、とても苦労するけれど、必ず望みは叶う」と告げました。
そこで、勝道上人はお地蔵さまを信じて頑張って、男体山登頂に成功し、そのあとに湯元温泉も発見しました。
そこで、勝道上人は石仏を掘って、湯の湖の兎島に祀りました。
そのご、時代は下って室町時代になりました。
湯の湖まで狩りに来た領主が、湯の湖畔で狩りをした獲物で酒宴を開きました。そして、勝道上人が作られた「石仏」(延命地蔵尊)の話を聞くと、自分の犬に石物を結んで湯の湖に投げ入れました。そして、犬が「石仏」を引っ張って泳ぐ姿を見て「ただの石の塊だ」と嘲笑いました。
突然、石仏が起き上がり、犬を引っ張って岸までやってきました。ところが、領主の家来はさらに石仏をつついて、湯の湖に落とそうとすると、空が急に曇って雷が領主と犬の上に落ちました。

中禅寺の僧侶が謝罪の祈りをささげてくれたので、犬と領主は生き返りました。

中禅寺の僧侶が謝罪の祈りをささげてくれたので、犬と領主は生き返りました。

その様子を見ていた木こりが、中禅寺に走って行って僧侶に事の次第を告げて祈祷をしていただくと、領主と犬は元通りに戻ったそうです。
それからこの地蔵を「犬牽き地蔵」といいます。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 相の間(あいのま)とは拝殿と本殿をつなぐ部屋の事です。東照宮の石の間にあたります。

    相の間

    相の間(あいのま)相の間(あいのま) は大猷院の「拝殿」と「本殿」をつなぐお部屋です。その三…

  2. 二荒山神社の境内に酒樽が積みあがっています。

    献酒樽

    献酒樽(けんしゅたる)日光二荒山神社の境内の脇には酒樽が積みあがったところがあります。二荒山…

  3. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓は、この開山堂の裏手にあるものだけでなく、中禅寺湖にある上野島こうづけじまと、竜頭りゅうずの滝近くの瑠璃ガ壺(るりがつぼ)の3か所に分骨してあるそうです。

    勝道上人のお墓

    勝道上人のお墓日光山を開いたといわれている勝道上人は817年3月1日に亡くなりました。男体山…

  4. 弘法大師空海が高野山から苗を運んできた槇の木も今では「老木」になっています。

    高野槇

    弘法大師空海が植えた「高野槇(こうやまき)」「 高野槇 」とは樹齢1200年を超える槇の老木…

  5. 二荒山神社にも「縁結びの笹」があり、夏には良い縁まつりも行われます。

    縁結び ーよい縁まつり

    良い縁まつり縁結び の神様として有名な「二荒山神社」では、毎年夏から秋にかけて、「良い縁まつ…

  6. 大勢の人の願いをかなえてくれます。混んでいるときは宝刀の入り口くらいまで人が並んでいます。

    叶う杉 (かなうすぎ)

    叶う杉(かなうすぎ)「 叶う杉 」という、願いを叶えてくれる杉の木が家康公のお墓である宝塔の…

  7. 日光開山の祖「勝道上人」が一番最初に建てたという「四本龍寺」ですが、今では「観音堂」「三重塔」が残るだけです。

    四本龍寺

    四本龍字(しほんりゅうじ)「 四本龍寺 (しほんりゅうじ)」は日光開山の祖「勝道上人」が大谷…

  8. 日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

    高天原(神々がおいでになる場所)

    高天原高天原(たかまがはら)とは古事記に記されている神様たちが住んでいらっしゃる場所のことで…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP