春季例大祭

春季例大祭

春季例大祭

春季例大祭 、日光東照宮では毎年5月17日・18日に行われます。
神社で行われているお祭りは、その重要度によって、「大祭・中祭・小祭」に分けられます。そして、「例祭」というのは、それぞれの神社の由来やご祭神に関係した「縁日」に基づいて行われます。
日光東照宮のご祭神は徳川家康公なので、家康公にちなんだ行事となっています。

春季例大祭 一日目

例祭(れいさい)
徳川宗家や氏子の会員などが拝殿に集まって例祭が始まります。この時は一般の方は入れないそうです。神與舎にあった3基の神輿が東照宮から二荒山神社に向かいます。
流鏑馬神事(やぶさめしんじ)

石鳥居の前の参道でおこわなれる流鏑馬神事
季例大祭 で奉納される流鏑馬 石鳥居の前の参道でおこわなれる流鏑馬神事

石鳥居の前に表参道で流鏑馬の奉納がおこなれます。
こちらは観覧席もあって、見ることができます。写真も撮ることができますが、フラッシュをたくことはできません。

春季例大祭 二日目

百物揃千人行列(ひゃくものそろえせんにんぎょうれつ)
春季例大祭の二日目は家康公が久能山から日光には行った時の様子を再現した千人行列です。江戸時代の当時の装束で3基の御神輿を担いで行列する様子は圧巻の景色でしょう。
こちらも見学はできますが、やはり拝殿で行われる神事は一般の方は参加できないそうです。
10月に秋の例大祭も行われますが、規模が小さくなって、御神輿も1基しか出ないので、まずは春季例大祭を見ることをお勧めします。

おすすめ新着記事

Comment on Facebook