福銭貸し

福銭貸し

「 福銭貸し 」というのは、毘沙門天堂が1月3日にお参りした人に「事業資金」を貸し出して、翌年は借りた金額を倍にして返せばいいそうです。しかも、毘沙門天堂と信者との間の信用がしなので、証文などないそうです。
お金の単位も円と両に言い換えて、単位も1万倍します。
100円は100万両
1000円は1000万両
10000円は10万両
なかなか、春から縁起がいい光景ですね!

参拝される方は初日の出を拝むので、皆さん暗い山道を登って、夜明けを待つそうですから、道がわかっている人と一緒に行かないと怖いですね。私は冬の日光は行ったことがないので、日の出の時間がどれくらいかわかりませんでしたが、10月に奥日光に行った時は5時くらいになると、薄明かりだったので、1月だと、きっと6時過ぎくらいでしょうか。
一度、行ってみたいと思います。
「 福銭貸し 」のお問い合わせは日光山輪王寺へお願いします。(電話番号は0288-54-0531)

福銭貸し が行われる外山毘沙門天堂について

外山(とやま)は日光東照宮の鬼門封じとして毘沙門天が祀られたそうです。毘沙門天は戦の神様なので、その姿は甲冑を着けていてなかなか、勇ましいものです。そんな勇ましい神様が商売の福の神様にもなっていたんですね。
ですから江戸時代までは神社の管轄でしたが、明治の「神仏分離」で日光山輪王寺の中に入りました。なので、その登山道である参道には石鳥居が残されています。このような「神仏習合」の名残は他にもあって、日光開山の祖「勝道上人」のお墓のある開山堂の敷地の中には鳥居のある「観音堂」があります。

関連記事

  1. 正面に狛犬が鎮座している日光二荒山神社中宮祠の唐門。

    日光二荒山神社中宮祠 武射祭

    参照 : 日光観光ライブ情報局…

  2. 式年大祭ー時代絵巻再現

    百物揃千人武者行列は徳川家康公が久能山から日光にうつられる時の様子を再現しています。※ページ…

  3. 弥生まつりは毎年、4月13日から17日まで行われます。

    弥生祭

    弥生祭(やよいまつり)弥生祭 は毎年、4月13日から17日までの5日間、開催されます。以前は…

  4. 胡蝶の舞

    胡蝶の舞

    4人の巫女さんが、「胡蝶の舞」を奉納します。共同通信社の映像…

  5. 日光東照宮の神輿舎にはお神輿が3基あって、中央が徳川家康公、向かって左側が源頼朝、右側が豊臣秀吉のお神輿だということです。

    百物揃千人武者行列

    お神輿はお旅所まで神君家康公のお神輿はお旅所まで進みます。お神輿は二荒山神社を出発して表参…

  6. 東照宮の境内には丸い石がたくさん敷き詰められています。ゴールデンウィークの時の写真なので、石がきれいですね。「栗石返し」という電業行事でお掃除された後だったからきれいなんです。

    栗石返し

    栗石返し 毎年、春の例大祭が行われる前に東照宮に境内の石の掃除をします。しかも、350年前から続…

  7. 例大祭の時にはお神輿はお旅所までやってきます。お旅所で休憩したあと、また御本社に戻られるそうです。

    日光東照宮秋季例大祭

    日光東照宮秋季例大祭10月16日・17日、日光東照宮では秋の例大祭が行われます。例大祭とは…

  8. 輪王寺は一つのお寺ではなくて日光にあるお寺、お堂、支院の総称です。

    延年の舞

    延年の舞(えんねんのまい)延年の舞は日光山輪王寺で、例大祭に先駆けて行われる伝統行事です。千…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP