強飯式(ごうはんしき)

古くからある日光独自の行事

強飯式(ごうはんしき)とは、山盛りのごはんとお酒を頂く儀式の事で日光山輪王寺の春の行事として毎年行われています。
修験者の姿をして強飯僧が、強飯頂戴人に山盛りのご飯を食べろと責め立てる様子を一度見てみたいと思っています。毎年、4月2日に行われます。2015年は木曜日ですね。2017年は土曜日になるので、きっと多くの観光客が強飯式を見学できると思います。とても、ユニークな行事なので、平日でも多くの人が見物に訪れるそうです。
そして、何より良いのは、見物に訪れた人には多くのご利益があるそうです。

強飯頂戴人

山盛りのご飯を食べろと責め立てられる「強飯頂戴人」になるとご利益もとっても大きいそうで、江戸時代は有名な藩の大名たちも先を争って「強飯頂戴人」に名乗りを上げたそうです。

お札と福米

強飯式に参加するとお札と福米を頂くことができます。お札は、おしゃもじの形をしています。福米は、お家に持ち帰り、ごはんにまぜて焚くと家族にみんなにも福を分けることができるそうです。
やっぱり、一度行ってみたい行事です。

縁起がらまき

最後には、ご飯を強いた「強飯僧」と食べるように責め立てられた「強飯頂戴人」が一緒に福をみんなに分けてくれる「縁起がらまき」の儀式があります。楽しそうですですね。

強飯式の動画

下野新聞に強飯式の動画が載っていました。確かに、ユニークな行事ですね。
日本昔話には、ちょっと違いますが似たようなお話が載っていました。
そうめん地蔵

強飯式の祈祷料
強飯式の祈祷料は3000円です。ご祈祷を申し込むと強飯式に参列できるそうです。

詳しくは、日光山輪王寺のホームページをご覧ください。

関連記事

  1. 弥生まつりは毎年、4月13日から17日まで行われます。

    弥生祭

    弥生祭(やよいまつり)弥生祭 は毎年、4月13日から17日までの5日間、開催されます。以前は…

  2. 輪王寺は一つのお寺ではなくて日光にあるお寺、お堂、支院の総称です。

    延年の舞

    延年の舞(えんねんのまい)延年の舞は日光山輪王寺で、例大祭に先駆けて行われる伝統行事です。千…

  3. 流鏑馬神事

    流鏑馬神事

    流鏑馬神事流鏑馬神事 とは勢いよく走る馬の上から的に向かって矢を射る儀式です。貴族の私設警…

  4. 正面に狛犬が鎮座している日光二荒山神社中宮祠の唐門。

    日光二荒山神社中宮祠 武射祭

    参照 : 日光観光ライブ情報局…

  5. 例大祭の時にはお神輿はお旅所までやってきます。お旅所で休憩したあと、また御本社に戻られるそうです。

    日光東照宮秋季例大祭

    日光東照宮秋季例大祭10月16日・17日、日光東照宮では秋の例大祭が行われます。例大祭とは…

  6. 外山の山頂から眺める日光市街。

    福銭貸し

    福銭貸し「 福銭貸し 」というのは、毘沙門天堂が1月3日にお参りした人に「事業資金」を貸し出して…

  7. 胡蝶の舞

    胡蝶の舞

    4人の巫女さんが、「胡蝶の舞」を奉納します。共同通信社の映像…

  8. 徳川家康公はお神輿に乗ってこちらの御旅所まできます。中に入ると神職さんや氏子さんたちによる祭礼の儀式があるそうです。

    春季例大祭

    春季例大祭春季例大祭 、日光東照宮では毎年5月17日・18日に行われます。神社で行われてい…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP