行者堂

行者堂 (ぎょうじゃどう)

行者(ぎょうじゃ)とは荒修行を行う人のことです。たとえば、断食や針山の上に座禅をするとか、苦行の行者が有名ですが、行者とは特に山岳修行を行う人をさすようになりました。 行者堂 は修験道の開祖である役小角(えんのこずめ)を祀るために建てられたそうです。

役小角(えんのこずめ)

業者堂のご本尊は奈良時代の山岳呪術者、修験道の祖である役小角(えんのこずめ)です。
役小角(えんのこずめ)は実在した人物だそうですが、ほとんどが伝説に包まれています。平安時代の呪術師といわれ、藤原鎌足の病気を呪術で治したといわれていますが、文武天皇に人心を惑わすといわれて伊豆に流されますが、夜は海上を渡って富士山まで修業に行ったとか、空が飛べるとか、謎だからです。ですが、足が健脚だったそうで、行者堂には草鞋を奉納する人が多いです。

日光修験道

山伏の格好をして日光の山々を歩く修業は今でも行われています。日光山秋峰修業と言って、勝道上人の足跡とたどり、役行者伝来の十界の修業を修めるそうです。その時も、この行者堂から女峰山に入り、峰々を修業しながら歩くそうです。
ご興味のある方は日光修験道のページをご覧ください。

平成2年に改築

中に修験僧の祖、役小角’(えんのこずめ)が祀れています。

中に修験僧の祖、役小角’(えんのこずめ)が祀れています。

現在の行者堂は平成2年に改築されて、平成4年に中の役小角(えんのこずめ)前鬼、後鬼の彩色も新しくなって祀られたそうです。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 日光は東照宮や大猷院など、家康公や家光公のお墓だし、文化財としても貴重なものだったので、特別に火災から守る「火消隊」を編成しました。殉職なされた方を弔うために1834年、防火隊碑が浄光寺に建立されました。

    防火隊碑

    八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)江戸時代も現代も火災はとても怖いものです。特に、…

  2. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓がある「開山堂」近くの仏岩に下に6体の石仏が並んでいます。

    六武天像

    六武天像 (ろくぶてんぞう)六武天像 は開山堂の裏手の崖の足元に設置してある六体の石仏です。…

  3. 日光奉行所は3代将軍徳川家光公の側近「梶定良」の屋敷を奉行所にしていました。江戸幕府が終わり、明治政府になった時に建物も取り壊されてしまったそうですが、金谷ホテルの武家屋敷のように残っていれば一般公開できたのに残念です。

    日光奉行所

    日光奉行所日光奉行所 は3代将軍徳川家光の家臣「梶定良」のお屋敷だったそうです。梶定良は滝尾…

  4. 男体山登頂を目指していた勝道上人が道に迷っていたらお地蔵さまがでてきて導いてくれたという場所です。

    空烟地蔵

    空烟地蔵行者堂から坂道を下っていくと、3代将軍徳川家光公の霊廟、大猷院に到着します。その手間…

  5. 松尾芭蕉は1689年(5代将軍綱吉の時代)江戸を出発し、日光を通って東北、北陸を回って江戸にもどってきて、「奥の細道」という旅行記を書きました。日光には松尾場所が読んだ俳句の句碑がいくつか残されています。

    松尾芭蕉 句碑

    大日堂跡の句碑「あらたうと青葉若葉の日の光」 『日光山はなんと、尊いことだろう。日の光があん…

  6. 日光の七不思議に数えていいかと思いますが、こちらは勝道上人のお弟子さんのお墓ですが、移転しようとすると事故が起きることが何度も起きたので移転はあきらめてここにおいてあるそうです。

    教旻僧都の墓

    教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひ…

  7. 金谷ホテルの元のなった「金谷武家屋敷」は、一般公開の準備中です。隣に金谷ベーカリの出店があります。

    金谷武家屋敷

    金谷武家屋敷金谷武家屋敷 は350年くらい前に建てられた、もともと武士の家でした。しかも、「忍者…

  8. 牛石 は石に変えれれてしまった「牛」の事です。

    牛石

    女人近世(にょにんきんせい)神社・寺院・霊場・修行場などで、女性の出入りを禁じたものです。日光では山…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP