八幡神社

八幡神社

八幡神社 は日光開山の祖「勝道上人」が作りました。別名、「飛石八幡(とびいしはちまん)」というそうです。というのは、天から丸石が降ってきて、「自分は八幡大自在である。国家守護のための来た」と勝道上人に告げたそうです。そこで、勝道上人この地に神社を立てて、八幡大自在を祀ったそうです。
江戸時代になって、日光東照宮を今のような絢爛豪華な建物にした3代将軍、徳川家光公が徳川幕府の「修繕社」としました。
ご祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)で「応神天皇」と同一視されています。
お正月の後の最初の日曜日に、五社祭がおこなれます。
五社祭は、磐裂神社、青龍神社、八幡神社、花石神社、久地良神社の五社です。
11月23日に、八幡神社の例祭があります。

六角型灯籠

日光東照宮に寄進されたものですが、なぜか離れ離れになって、一つだけ八幡神社の境内にいます。

日光東照宮に寄進されたものですが、なぜか離れ離れになって、一つだけ八幡神社の境内にいます。

六角型灯籠は厳密にいうと、寺院の境内に設置される灯籠だそうです。ですが、江戸時代までは神仏習合なので、神社の境内に六角型灯籠があっても不思議はありません。
この灯籠は本多美濃守藤原朝臣忠政が1617年に東照宮に一対として寄進したものですが、なぜか一つだけ、八幡神社の境内にあります。日光の七不思議の一つでしょうか。

関連記事

  1. 三仏堂の中に入ると、とても大きな3体の仏像がいらっしゃいます。

    三仏堂

    三仏堂(さんぶつどう)三仏堂 とは三体の本地仏(ほんじぶつ)を祀っているので、「 三仏堂 」…

  2. 神様のいらっしゃる場所なので、きちんと挨拶をします。

    本殿・拝殿・神楽殿

    二荒山神社中宮祠のご祭神二荒山神社中宮祠のご祭神は日光市内にある新宮(日光東照宮の隣)と同じ…

  3. 日光開山の祖「勝道上人」を荼毘にふした場所が仏岩谷です。そこに勝道上人の霊を祭るところとして「開山堂」という小さなお堂を建てました。

    開山堂

    開山堂(かいざんどう)「 開山堂 」とはその寺院の開山の像を祀ったお堂の事です。日光を開いた…

  4. 四本龍寺、三重塔は源実朝公を弔うため建立されました。

    三重塔

    三重塔四本龍寺の三重塔は、1219年に大銀杏の木のそばで暗殺された源実朝の霊を鎮めるために1…

  5. お菓子屋さんの団体が「お菓子占い」を奉納したそうです。ルーレットになっています。

    お菓子占い

    お菓子占い大国殿に お菓子占い がおいてあります。なぜ、 お菓子占い が置いてあるかというと…

  6. 江戸時代までは「星の宮」といって虚空蔵菩薩を祀っていました。神仏分離令で岩裂神社となりました。

    岩裂神社

    岩裂神社(いわさくじんじゃ)いつごろできたかはわかりませんが、昔は「星の宮」と称して「虚空蔵…

  7. 外側は黒が基調なので地味な感じですが、中は金箔の柱、極彩色の鳳凰など派手な装飾となっています。

    奥社拝殿

    奥社拝殿奥社拝殿 とは神君家康公の宝塔の前の建物で、江戸時代は将軍だけがその建物で家康公…

  8. 徳川家光公は「辰年」生まれだったことと風水的に「白竜」が随所に用いられています。

    大猷院の唐門

    大猷院の唐門大猷院の唐門 は東照宮の唐門と違って一般公開されているので誰でも通行することがで…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP