大猷院の拝殿

相の間(あいのま)とは拝殿と本殿をつなぐ部屋の事です。東照宮の石の間にあたります。
大猷院殿の拝殿に上がると係の僧侶が大猷院殿の文化的・歴史的なレクチャーをしてくれます。

大猷院殿の拝殿

大猷院の拝殿と本殿は相の間でつながっていて「工」の字型に三つの建物が並んでします。相の間は東照宮でいう石の間にあたります。大猷院の拝殿は一般の人でも入ることできますが、本殿はやはり東照宮と同じように一般公開されていません。家光公ご命日4月20日には大法要があり、日光山輪王寺の門跡が本殿でお経を唱えます。

大猷院の拝殿 の「天蓋」

大猷院の拝殿の天井には「天蓋」があり、それがあると寺院で、天蓋がなければ神社だそうです。

大猷院の拝殿の天井の「龍」

拝殿の天井には「東照宮」と同じように、竜の絵が描かれています。大猷院はすべてが東照宮のミニチュア版のような作りですが、なぜか竜の数は東照宮が100匹なのに大猷院の竜は140匹いるそうです。

大猷院の拝殿には家光公の鎧かぶとがあります。

神君徳川家康公からプレゼントされた家光公の鎧かぶとが飾ってあって、兜の飾りがトンボなのは、トンボは前にしか飛ばないから「後ろを見ない」ということで兜の飾りとしては人気があったそうです。

日光山輪王寺に関する他の記事

関連記事

  1. 3代将軍家光公の霊廟である「大猷院殿」

    大猷院殿 とは

    大猷院殿徳川 家光 公は1651年4月20日、江戸城で亡くなりました。遺言で徳川 家光 公は…

  2. 日光二荒山神社の楼門は勝道上人の男体山登頂記念事業です。

    楼門 と神門

    楼門 と神門日光二荒山神社の「 楼門 」は東照宮から「上新道(かみしんみち)」という参道を歩…

  3. 参拝者のご祈祷に使われるほか、結婚式も執り行われます。

    祈祷殿

    祈祷殿では護摩焚きがありました祈祷殿 は日光東照宮の眠り猫の左側にあります。江戸時代までは…

  4. 浄光寺のお地蔵様

    導き地蔵尊

    導き地蔵の意味は、仏の道への導きだということです。日光だけなく全国各地に導き地蔵尊はいらっしゃ…

  5. 花石神社

    花石神社

    花石神社由来 日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。…

  6. 滝尾神社の奥にあり霊気があふれているので深呼吸すると体の中が浄化されるような清々しい気分になります。

    滝尾稲荷神社

    滝尾稲荷神社滝尾稲荷神社 は滝尾神社と同じ時期にやはり、弘法大師空海によって建てられました。…

  7. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  8. 徳川家光公の後と追って、自殺した家臣や、徳川幕府の忠臣だった人のお墓が並んでいます。

    殉死の墓

    殉死の墓殉死の墓 は徳川家康公の後を追った家臣や徳川家光公の後を追った家臣の墓です。江戸時代…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP