拝殿

日光二荒山神社の 拝殿

二荒山神社の拝殿は神門をくぐると正面にあります。「 拝殿 (はいでん)」とは母屋みたいなもので、弥生祭などの祭典、ご祈祷などが行われ、参拝客がまず、訪れるところです。建てられた正確な年数がわかりませんが、1644年から1648年の間であると考えられています。きらびやかな建物が多い日光では珍しく装飾の少ない質実剛健的な建物です。

日光二荒山神社の拝殿が建てられた1644年は

日光二荒山神社の拝殿が建てられた1644年は徳川家光の時代で、三男甲府藩主、徳川綱重が誕生した年です。

日光二荒山神社の拝殿は質実剛健な建物

日光二荒山神社の拝殿は質実剛健な建物で、日光の建物らしい彫刻がありません。「拝殿」の奥には「本殿」があり、「拝殿」と「本殿」は「渡殿(わたりでん)」がつないでします。「渡殿」というのは、東照宮でいう「石の間」にあたり、儀式を行う場所で、神様に一番近い場所です。

日光二荒山神社の拝殿で正式参拝しましょう

拝殿に上がって玉串を奉納したり、結婚式や七五三なども執り行われます。

拝殿に上がって玉串を奉納したり、結婚式や七五三なども執り行われます。

神社に参拝するときは、たいていの場合、正面の建物の入り口で「二礼二拍手一礼」という神社の参拝方法でお参りするだけですが、正式には玉ぐしを奉納したりします。たとえば、七五三や結婚式などは特別の場合は、「渡殿」で特別祈祷をしていただきます。特別祈祷は七五三や結婚式だけでなく、前もって予約をしておけばご祈祷していただけいるので、日光に行く時、二荒山神社によるのがわかっている場合はぜひ、予約して特別祈祷してもらってください。きっと、いつも以上にご利益があると思います。

日光二荒山神社に関する他の記事

関連記事

  1. お菓子屋さんの団体が「お菓子占い」を奉納したそうです。ルーレットになっています。

    お菓子占い

    お菓子占い大国殿に お菓子占い がおいてあります。なぜ、 お菓子占い が置いてあるかというと…

  2. 四天王のうち、「持国天」と「広目天」を配置している「二天門」と呼ばれています。入り口は強い神様で守る必要があるんですね。

    二天門(にてんもん)

    二天門(にてんもん)二天門 (にてんもん)とは、四天王のなかで「持国天(じこくてん)」と「広…

  3. 日光二荒山神社は パワーのある神社 です。

    縁結びの神様「日光二荒山神社」日光二荒山神社はとてもパワーのある神社です。なぜならご神体がご家族…

  4. 清滝寺

    清滝寺(きよたきじ)

    清滝寺とは 清滝寺の千手観音菩薩像「清滝観音」は、日光山中禅寺の「立木観音」と同じ桂の木で作られ…

  5. 日光東照宮美術館は以前は東照宮の社務所ですが、1997年(平成7年)に美術館としてオープンしました。

    日光東照宮美術館

    日光東照宮美術館 は旧社務所でした。日光東照宮美術館は以前は東照宮の社務所でしたが、1995…

  6. 外側は黒が基調なので地味な感じですが、中は金箔の柱、極彩色の鳳凰など派手な装飾となっています。

    奥社拝殿

    奥社拝殿奥社拝殿 とは神君家康公の宝塔の前の建物で、江戸時代は将軍だけがその建物で家康公…

  7. 護摩壇

    護法天堂(ごほうてんどう)

  8. 日光二荒山神社の社務所。ご祈祷の受付、御朱印の受付などはこちらの入り口から入れます。

    社務所

    社務所 (しゃむしょ)社務所とは神社の事務所にあたります。神社における様々な事務作業を行う場…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP