拝殿

日光二荒山神社の 拝殿

二荒山神社の拝殿は神門をくぐると正面にあります。「 拝殿 (はいでん)」とは母屋みたいなもので、弥生祭などの祭典、ご祈祷などが行われ、参拝客がまず、訪れるところです。建てられた正確な年数がわかりませんが、1644年から1648年の間であると考えられています。きらびやかな建物が多い日光では珍しく装飾の少ない質実剛健的な建物です。

日光二荒山神社の拝殿が建てられた1644年は

日光二荒山神社の拝殿が建てられた1644年は徳川家光の時代で、三男甲府藩主、徳川綱重が誕生した年です。

日光二荒山神社の拝殿は質実剛健な建物

日光二荒山神社の拝殿は質実剛健な建物で、日光の建物らしい彫刻がありません。「拝殿」の奥には「本殿」があり、「拝殿」と「本殿」は「渡殿(わたりでん)」がつないでします。「渡殿」というのは、東照宮でいう「石の間」にあたり、儀式を行う場所で、神様に一番近い場所です。

日光二荒山神社の拝殿で正式参拝しましょう

拝殿に上がって玉串を奉納したり、結婚式や七五三なども執り行われます。

拝殿に上がって玉串を奉納したり、結婚式や七五三なども執り行われます。

神社に参拝するときは、たいていの場合、正面の建物の入り口で「二礼二拍手一礼」という神社の参拝方法でお参りするだけですが、正式には玉ぐしを奉納したりします。たとえば、七五三や結婚式などは特別の場合は、「渡殿」で特別祈祷をしていただきます。特別祈祷は七五三や結婚式だけでなく、前もって予約をしておけばご祈祷していただけいるので、日光に行く時、二荒山神社によるのがわかっている場合はぜひ、予約して特別祈祷してもらってください。きっと、いつも以上にご利益があると思います。

日光二荒山神社に関する他の記事

関連記事

  1. 立木観音と同じように有名な仏像に「 波之利大黒天堂 (はしりだいこくてんどう)」があります。

    波之利大黒天(はしりだいこくてん)

    大黒天(だいこくてん)とは大黒天(だいこくてん)は、仏教的には戦闘の守り神、守護神的な発達を…

  2. 日光二荒山神社の神輿舎の左隣にある小さな朱塗りの本殿が日枝神社の本殿です

    日枝神社

    日枝神社日枝神社 は848年慈覚大師(794~864)によってつくられました。慈覚大師という…

  3. 二荒山神社中宮祠の境内の中に7人の神様がいらっしゃいます。

    七福神めぐり ー日本で一番高地にある七福神めぐり

    日本で一番高地にある七福神めぐり中禅寺湖畔の二荒山神社で 七福神めぐり ができます。日…

  4. 天海僧正のお経が納めれているそうです。

    輪蔵 (りんぞう)

    仏教の経典を納めておく所です。中央に、八角形の経典を納める書架が置かれていることから輪蔵(りんぞう)…

  5. 登拝門とは登山口にあたります。神社の中にあって、神社の境内からその山にのぼることができる門です。

    登拝門

    二荒山神社の境内「境内(けいだい)」と聞いて、どんな場所を想像しますか?たいていの場合、神社…

  6. 大谷川で立ち往生している勝道上人の一向に対岸に神様が表れて蛇を投げて渡らせてくれたという神様を祀っています。

    深沙王堂

    深沙王堂 (じんじゃおうどう)「神橋」の北側に 深沙王堂 (じんじゃおうどう)と呼ばれる小さ…

  7. 日光には面白い風習がたくさんあります。「福銭貸」と言ってお正月に外山毘沙門天にお詣りをして事業の軍資金をお借りして翌年には借りたお金の倍を返して、また1年間の商売のお金を借りてくるというものです。証文などは取らずに「信用貸し」だそうです。一度、行ってみたいと思っていました。実際に行ってみるとやっぱり、ただじゃお金は借りられません。すごい山道を登ってやっと頂上につきます。

    外山毘沙門天 (とやまびしゃもんてん)堂

    外山毘沙門天 ―行ってみるとすごいところだった外山(とやま)は日光東照宮の鬼門にあたります。…

  8. 御水屋 は聖域に入る前に身を清める為に、昔は川や湧水を利用していました。

    御水屋

    御水屋(おみずや)参拝者が手と口を清める場所を御手洗(みたらし)、手水所(ちょうずどころ)、…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP