花石神社

花石神社由来

日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。
山の霊を一か所に集めて祀った「十八王子」がこの花石神社の始まりです。
3代将軍徳川家光が社殿を改築したそうです。明治政府の神仏分離令で「花石神社」と社号を変更しました。

花石神社境内
花石神社社殿
花石神社
花石神社入り口

花石神社の祭礼

正月三が日後の最初の日曜日、五社祭が行われます。
五社とは

磐裂神社
青竜神社
八幡神社
花石神社
久次良神社

の、五つの神社のことです。

花石神社の例祭は原則として9月19日です。

花石神社の大ケヤキ

花石神社の境内にある樹齢800年の大ケヤキです。
日光市指定の文化財で、天然記念物です。

花石神社の大ケヤキ

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 大猷院殿の仁王門を抜けると左側に4代将軍家綱公が自ら植えたという「槇」の老木があります。

    槇の木(まきのき)

    徳川家綱公(4代将軍)お手植えの「槇の木」徳川家綱公(4代将軍)が自ら植えたという「槇」の古…

  2. 春と秋の例大祭の時に、徳川家康公のお神輿は「 御旅所 」まできます。

    御旅所

    御旅所(おたびしょ)御旅所(おたびしょ)とは、お祭りなどでお神輿を求刑させたり、宿泊させたりする…

  3. 日光東照宮の陽明門の豪華さは一日眺めていても見飽きないから「日暮門(ひぐらしもn)」との別名があるくらい有名です。しかも、仏教的・風水的に多くの学者や知識人が徳川家康公の霊廟を守る、霊獣や仕掛けを施しています。

    陽明門

    陽明門(ようめいもん)陽明門 はとにかく、ものすごく豪華な門で、またの名前を「ひぐらしもん」…

  4. 四本龍寺、三重塔は源実朝公を弔うため建立されました。

    三重塔

    三重塔四本龍寺の三重塔は、1219年に大銀杏の木のそばで暗殺された源実朝の霊を鎮めるために1…

  5. 日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

    高天原(神々がおいでになる場所)

    高天原高天原(たかまがはら)とは古事記に記されている神様たちが住んでいらっしゃる場所のことで…

  6. 現在、慈眼堂(じげんどう)は一般公開されていないので、これより先は入ることができません。

    慈眼堂(じげんどう)

    慈眼堂 (じげんどう)常行堂と法華堂の間に道があります。上り坂になっていて「延命坂(えんめい…

  7. 神さま専用のトイレなので、一般の方は使用できません。内部公開もされていません。

    神様のトイレ

    神様のトイレは神様がお使いになるトイレです。「トイレにはきれいな女神様が住んでいる」という歌…

  8. 根もとが一つで3本の木がが生えているので親子杉といいます。

    親子杉

    「夫婦杉」は一つの根から2本の杉が生えていますが、「親子杉」は根を一つにした三本の杉の木で…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP