親地蔵御首

憾満が淵の地蔵群

憾満が淵の地蔵群、「化け地蔵」、「並び地蔵」、「百地蔵」などの名前がついています。お地蔵さまをお作りになったのは天海僧正のお弟子さんたちだそうです。もともとは100体近くあったそうです 1902年(明治35年)の大洪水で流されてしまって現在では70体くらいしかありません。

親地蔵御首

慈雲寺(じうんじ)は「化け地蔵」としても有名です。

慈雲寺(じうんじ)は「化け地蔵」としても有名です。
慈雲寺の門をくぐると大谷川沿いに大小のお地蔵さまが並んでいます。このお地蔵様たち、数えるたびに数がかわるという評判の持ち主です。

憾満が淵の地蔵群は先頭に大きな「親地蔵」というお地蔵さまが置かれていました。親地蔵は2体ありました。両方とも流されてしまって、一つは大谷川の川底に沈んでいたのを地元の方に助け出され、浄光寺に祀られています。もう一体のお地蔵さまに関してとても面白いお話がありました。「英語と日本語で楽しむ日光」という本の中に乗っていました。

《もう一つの親地蔵さまは、なんと今市(いまいち)まで流されてしまったそうです。今市の石工さんが大谷川沿いに自分の仕事に役立ちそうな石を探して歩いていました。そこで、よい石を発見しました。その石は半分以上、土の中に埋まっていたので、ノミを打ち込むとなんと、石から血が流れてきたそうです。そこで、その石を掘り起こすと、憾満が淵の地蔵群の親地蔵だったそうです。そこで、親地蔵は今市の安全な場所に祀られているという事です。》

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 御水屋 は聖域に入る前に身を清める為に、昔は川や湧水を利用していました。

    御水屋

    御水屋(おみずや)参拝者が手と口を清める場所を御手洗(みたらし)、手水所(ちょうずどころ)、…

  2. 参拝者のご祈祷に使われるほか、結婚式も執り行われます。

    祈祷殿

    祈祷殿では護摩焚きがありました祈祷殿 は日光東照宮の眠り猫の左側にあります。江戸時代までは…

  3. 家光公の墓所に通じる門です。家康公の霊廟に通じる門は一般公開されています。家光公は2000年に公開されました。また、開けてくれるとうれしいです。

    皇嘉門 (こうかもん)

    皇嘉門 (こうかもん)皇嘉門(こうかもん)は東照宮でいえば、「坂下門」にあたります。家光公のお墓…

  4. もともと、丸い石だったのか、みんながなでたから丸くなったのか、よくわかりませんが、なでると心が丸くなるという丸石です。

    丸石

    丸石(まるいし)「 丸石 」は大国殿の前におかれています。多くの人になでられて丸くなっていま…

  5. 日光山中禅寺 は山伏達たちの修業の場として784年に勝道上人が建立したものです。

    日光山中禅寺

    坂東観音霊場33か所坂東観音霊場33か所とは、関東地方(神奈川県・埼玉県・東京都・群馬県・栃…

  6. お菓子屋さんの団体が「お菓子占い」を奉納したそうです。ルーレットになっています。

    お菓子占い

    お菓子占い大国殿に お菓子占い がおいてあります。なぜ、 お菓子占い が置いてあるかというと…

  7. 日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

    高天原(神々がおいでになる場所)

    高天原高天原(たかまがはら)とは古事記に記されている神様たちが住んでいらっしゃる場所のことで…

  8. 滝尾神社が多くの修験者僧でにぎわっていたころ、このあたりには僧侶の庵や修行場が建てられていました。今では看板が残っているだけです。

    別所跡

    別所跡東照宮より前の日光の時代は山岳信仰の聖地として、特に滝尾神社のあたりが賑わっていました…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP