白根山散策

白根山散策

白根山散策

丸沼高原スキー場のホームページには山頂駅から白根山まで登山する動画、丸沼高原スキー場の夏のアトラクションと史跡散策コース、自然散策コースの動画があります。散策コースは動画で見るのと同じように道の整備はされています。ただし、ちょっと、険しいところは動画にのっていないので、「こんな感じか」って侮ると痛い目にあうかもしれません。実際に私たちも、時間通りには行きませんでした。

日光白根山ロープウェーに乗って、標高2000メートルの高原をお散歩しましょう!
日光白根山ロープウェーに乗って、標高2000メートルの高原をお散歩しましょう!

史跡散策コース

白根山の二荒山神社に史跡散策コースの安全をお願いします。
白根山の二荒山神社に史跡散策コースの安全をお願いします。

史跡さんコースも自然散策コースもスタート地点は同じです。動画にあるように、私たちも白根山の二荒山神社にお詣りして無事に歩くことができるようにお願いしました。
コースの3番目の「不動岩」まではわりに平坦な道のりで楽です。自然散策コースはここから左の道に入ります。
今回は史跡散策コースなので、まっすぐに進みます。

ここから登坂

急な登りの階段が続きます。
急な登りの階段が続きます。

ここからは急な登りの階段が続きます。4番を通過すると、急な登坂になって、段差のある階段が続きます。結構、大変ですが、小学生くらいのお子さんはお父さんと一緒にどんどん登っていきました。

大日如来

大日如来は山で修業する「山岳修験」の中心的存在だそうです。生あるものはすべて大日如来から生まれたといわれているくらい素晴らしい神様です。
この辺までがずっと登坂です。この先、まっすぐに行くと白根山に行くようです。小学生くらいの子供も上っていました。ワンちゃんも頑張って行きました。

七色平避難小屋

平坦な木道で、周りは開放感の草原です。
平坦な木道で、周りは開放感の草原です。

「七色平」は極楽浄土を表すそうです。ここは一面、草原が広がっていて、ハクサンフウロなどの高山植物が咲いています。
避難小屋って冬場とか遭難しそうなときにはありがたいものなんでしょうね。夏の昼間はちょっと、入りたくないかんじの汚さです。
ここから、右に入る道は白根山に到着するようです。今回は連れて行ってくれる人もいないので、白根山はやめておきます。

ここから下り坂

ここからは下り坂です。途中、寄り道をして「血の池地獄」に行ってみました。ちょっと、スモールサイズの地獄でした。
下り坂が終わると「六地蔵」に到着しまう。

六地蔵

六人のお地蔵さまが並んでいます。
六人のお地蔵さまが並んでいます。

六地蔵というのは、人間を迷わす6つの「迷界」から人間を救ってくれるお地蔵さまだそうです。
六地蔵を過ぎると、正面に開けた景色が広がりちょっと、休憩です。史跡散策コースは一周約2時間となっていますが、ここまでで、もう2時間以上歩いています。しかも、上り、下りの坂道があるので、普通の靴よりはトレッキングシューズの方がいいと思います。

登坂の斜面の端にたくさん蛇イチゴがなっていました。
登坂の斜面の端にたくさん蛇イチゴがなっていました。

最後の登坂のあたりにエビイチゴの実がたくさんなっていました。

終点は、始まりと同じ地点の白根山の二荒山神社です。
みんなお腹がすいたので、「天空の足湯」に入る前に「山頂喫茶しらね」で一休みです。

おすすめ新着記事