本殿・渡殿

日光二荒山神社本殿

二荒山神社の本殿 は1619年に完成し、現在もまだ大規模な修復の手を入れることなく存在している唯一の建物だそうです。本殿は神様が祭事の時などの為に一時おいでになる場所です。二荒山神社の神様は大己貴命(おおなむちのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)そして味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)です。

二荒山神社の本殿 を寄進したのは

2代将軍秀忠公が寄進した二荒山神社の本殿は神輿舎(しんよしゃ)の2年後1619年に建てられました。

2代将軍秀忠公が寄進した二荒山神社の本殿は神輿舎(しんよしゃ)の2年後1619年に建てられました。

二荒山神社の本殿 を寄進したのは2代将軍秀忠公が寄進したそうです。

二荒山神社の本殿 は1619年に完成しました。

1619年は戦国武将、直江兼続が死去した年です。直江兼続は2009年の大河ドラマ「天地人」の主人公で、関ヶ原の合戦後、米沢の基礎を作った武将です。

二荒山神社の本殿 は「渡殿(わたりでん)」で拝殿とつながっている

本殿と拝殿はつながっています。

本殿と拝殿はつながっています。

二荒山神社の本殿 は「渡殿(わたりでん)」で拝殿とつながっています。本殿は神職しか入ることができませんが、「拝殿」は我々も靴を抜いて上がることできるので、ぜひ二荒山神社に行ったら、前を通り過ぎのではなくて、中に入ってみましょう。
正式参拝はどこの神社でも事前予約が必要だと思いますが、もし時間に余裕があるなら、「ダメモト」で聞いてみるとよいと思います。
やはり、玉ぐしを奉納し、お祓いをしていただくと心も改まる思いで、「よし!頑張ろう!」という気持ちがわいてくるものです。
せっかく、これだけパワーのある神社にお参りに来たのですから、最大限にご利益を頂きましょう!

日光二荒山神社に関する他の記事

関連記事

  1. 御仮殿は本社の修理等の間、ご神体を一時御移しする建物です。

    御仮殿

    御仮殿 (おかりでん)御仮殿 (おかりでん)は本社を修理するときに、一時的に神霊をお移しする建物…

  2. 日光山中禅寺の山門をくぐり境内を進みます。左手に手を洗うところがあるので、手を洗って鐘を突きます。鐘をついたらさらに奥に進みましょう。そうすると右手に愛染明王(あいぜんみょうおう)を祀った 愛染堂 があります。ここは、映画「愛染かつら」のロケ地としても有名です。

    愛染堂

    愛染明王愛染明王(あいぜんみょうおう)は人間につきものの煩悩、すなわち欲望・執着心を悟りに変…

  3. 花石神社

    花石神社

    花石神社由来 日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。…

  4. 三仏堂の中に入ると、とても大きな3体の仏像がいらっしゃいます。

    三仏堂

    三仏堂(さんぶつどう)三仏堂 とは三体の本地仏(ほんじぶつ)を祀っているので、「 三仏堂 」…

  5. 正式名称は「観音堂」といいます。また、「香車堂(ぎょうしゃどう)」とも言います。鳥居がありますが、これも神仏習合の流れで輪王寺の管轄です。10月18日の観音様の縁日には輪王寺の僧侶による法要があります。

    産の宮

    産の宮(さんのみや)観音堂とも呼ばれています。開山堂の左に位置しています。朱塗りの建物で、石…

  6. 神楽殿(かぐらでん)のわきには親子杉があります。

    神楽殿

    神楽殿 (かぐらでん)神社の境内にあって神様に神楽を奉納するための場所を「 神楽殿 (かぐら…

  7. どこの神社にも「運試し」があります。二荒山神社の神苑の中にあるのが「運試しの輪投げ」です。

    運だめし の輪投げ

    運試しの輪投げ「 運だめし の輪投げ」は日光二荒山神社の大国殿のそばの「輪投げ」の事です。誰…

  8. 青龍神社

    青龍神社

    青龍神社「 青龍神社 (せいりゅうじんじゃ)」は弘法大師空海の弟子が京都の醍醐(だいご)の青…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP