本宮神社

本宮神社(ほんぐうじんじゃ)

四本龍寺を建立した勝道上人はその隣に日光山の神々を祀る小さな神社を建立しました。大谷川と稲荷川の合流地ちかくです。それが日光二荒山神社の始まりです。しかし、大谷川の氾濫で度重なる修復を余儀なくされたため、東照宮の隣に新しい日光二荒山神社が作られました。それが「新宮」です。
そして、以前からあったほうは「本宮神社」と呼ぶようになりました。
鎌倉時代からずっと、本宮神社は修験者僧で賑わっていたということですが、今では観光地として新宮の方は人が大勢詰めかけています。 本宮神社 はひっそりと静かに、訪れた人を日光1200年の歴史の中に誘い入れてくれます。

本宮神社ご祭神

本宮神社ご祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)のお子様神である味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)です。ご神体は太郎山です。
弥生祭りのときにはお神輿が二荒山神社新宮から本宮神社までいらっしゃるそうです。壮大な景色ですね。一度は見てみたいと思います。

本宮神社から男体山を遥拝する

本宮神社には男体山を遥拝する小窓が建物についているそうです。こちらは二荒山神社神苑ないある日光連座遥拝所です。

本宮神社には男体山を遥拝する小窓が建物についているそうです。こちらは二荒山神社神苑ないある日光連座遥拝所です。

本宮神社には男体山を遥拝できる窓がついています。当時も今も男体山は一番の神様だったのでしょう。

日光二荒山神社に関する他の記事

関連記事

  1. 徳川家光公の後と追って、自殺した家臣や、徳川幕府の忠臣だった人のお墓が並んでいます。

    殉死の墓

    殉死の墓殉死の墓 は徳川家康公の後を追った家臣や徳川家光公の後を追った家臣の墓です。江戸時代…

  2. 大猷院のお水舎の天井は墨絵の竜があります。墨絵なのと、外にあるため、あまり鮮明な写真が撮れませんでした。

    大猷院の御水舎

    大猷院の御水舎大猷院の御水舎 は仁王門をくぐり、まっすぐ進むと右手にあります。御水舎というの…

  3. 慈雲寺(じうんじ)は1654年に晃海僧正によって建立されました。ちょうど、4代将軍家綱の治世になってしばらくしたころです。

    慈雲寺 (じうんじ)

    慈雲寺慈雲寺 (じうんじ)は1654年に天海僧正の4人の弟子の一人、晃海僧正によって建立され…

  4. 3代将軍家光公の霊廟です。家光公のおくり名が「大猷院」です。大猷院は輪王寺の管轄です。

    大猷院 はお寺です。

    大猷院殿(たいゆういんでん)東照宮と 大猷院 と両方、行ってみるととても似ていることがわかります…

  5. 日光二荒山神社は パワーのある神社 です。

    縁結びの神様「日光二荒山神社」日光二荒山神社はとてもパワーのある神社です。なぜならご神体がご家族…

  6. 春と秋の例大祭の時に、徳川家康公のお神輿は「 御旅所 」まできます。

    御旅所

    御旅所(おたびしょ)御旅所(おたびしょ)とは、お祭りなどでお神輿を求刑させたり、宿泊させたりする…

  7. 眠り猫 は徳川家康公の霊廟を守っています。

    眠り猫

    眠り猫眠り猫 の先には徳川家康公が眠る霊廟「奥宮」があります。とすると、 眠り猫 は徳川家康…

  8. 日光山中禅寺の境内の中にある大きな瘤に自分の悪いところ、痛いところをつけると治るという事です。

    身代わりの瘤

    身代わりの瘤日光山中禅寺の境内の中に大きな瘤が出来ている木があります。私たちの悪いところ、痛い…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP