本宮神社

本宮神社

本宮神社(ほんぐうじんじゃ)

四本龍寺を建立した勝道上人はその隣に日光山の神々を祀る小さな神社を建立しました。大谷川と稲荷川の合流地ちかくです。それが日光二荒山神社の始まりです。しかし、大谷川の氾濫で度重なる修復を余儀なくされたため、東照宮の隣に新しい日光二荒山神社が作られました。それが「新宮」です。
そして、以前からあったほうは「本宮神社」と呼ぶようになりました。
鎌倉時代からずっと、本宮神社は修験者僧で賑わっていたということですが、今では観光地として新宮の方は人が大勢詰めかけています。 本宮神社 はひっそりと静かに、訪れた人を日光1200年の歴史の中に誘い入れてくれます。

本宮神社ご祭神

本宮神社ご祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)のお子様神である味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)です。ご神体は太郎山です。
弥生祭りのときにはお神輿が二荒山神社新宮から本宮神社までいらっしゃるそうです。壮大な景色ですね。一度は見てみたいと思います。

本宮神社から男体山を遥拝する

本宮神社には男体山を遥拝する小窓が建物についているそうです。こちらは二荒山神社神苑ないある日光連座遥拝所です。

本宮神社には男体山を遥拝する小窓が建物についているそうです。こちらは二荒山神社神苑ないある日光連座遥拝所です。

本宮神社には男体山を遥拝できる窓がついています。当時も今も男体山は一番の神様だったのでしょう。

*
*
* (公開されません)