鋳抜門

鋳抜門(いぬきもん)

鋳抜門(いぬきもん)は家康公の棺が納められている宝塔の入口の門の事です。扉をのぞいて柱や梁など一つの鋳型で作ったことから鋳抜門(いぬきもん)というそうです。

鋳抜門 は石造りだった。

鋳抜門 は以前、石造りの門でした。家康公のお墓である宝塔なども石造りでしたが、5代将軍綱吉公の時代に地震が多発しており、壊れてしまい、銅製に作り替えているので 鋳抜門 も作り替えたのでしょう。
取り壊された石造りの門と鳥居は奥社の山中に埋められましたが、1967年(昭和42年)に掘り出されました。東照宮宝物殿の脇に復元されています。

鋳抜門 の狛犬

鋳抜門 の前にいるのは狛犬です。狛犬というと石造りのものが多いですが、奥社 鋳抜門 の狛犬はブロンズ製です。そして、さすがにパワーの源である最大級のパワースポットだけあって、 鋳抜門 の狛犬の迫力はものすごいです。神君家康公の霊廟をお守りするのですから、やはり相当の霊力です。私は写真を撮るのが下手なので、わかりにくいですが、 鋳抜門 の前の狛犬ににらまれたら、ひとたまりもありません。

鋳抜門 の前の狛犬の性別

鋳抜門前の狛犬。角のある狛犬がメスだそうだ

鋳抜門前の狛犬。角のある狛犬がメスだそうだ。

鋳抜門 前の狛犬、どちらの狛犬さんも怖そうなので、どっちも「オス」かなって思っていたら、角のある、向かって左側の狛犬さんが「メス」だそうです。女の人には角があるということです。だから、結婚式の時の「つのかくし」でかくして嫁入りするそうです。(場所によっては両方とも、角のない狛犬もあります。)

鋳抜門 の守り神

鋳抜門 の霊獣「蜃」がシューシュー「霊気」をはいています

鋳抜門 の霊獣「蜃」がシューシュー「霊気」をはいています

鋳抜門 にももちろん、狛犬の他に「霊獣」がいます。
鋳抜門 の両脇でシューシュー「霊気」をだしているのが「蜃(しん)」です。「蜃(しん)」とは、「巨大な蛇のような体でツバメの子を食べ、雨が降りそうになると現れて蜃気楼を作り出す」と言われている「霊獣」です。写真の撮り方が悪くですが、シューシュー「霊気」を出していますね。

日光東照宮に関する他の記事

関連記事

  1. 3代将軍家光公の霊廟である「大猷院殿」

    大猷院殿 とは

    大猷院殿徳川 家光 公は1651年4月20日、江戸城で亡くなりました。遺言で徳川 家光 公は…

  2. 江戸時代までは将軍しかいくことができなかった奥宮に通じる門なので、「開かずの門」とも言われていました。

    坂下門

    坂下門日光東照宮東回廊にある眠り猫と通り過ぎると正面に「 坂下門 」があります。その 坂下…

  3. 日光東照宮美術館は以前は東照宮の社務所ですが、1997年(平成7年)に美術館としてオープンしました。

    日光東照宮美術館

    日光東照宮美術館 は旧社務所でした。日光東照宮美術館は以前は東照宮の社務所でしたが、1995…

  4. お菓子屋さんの団体が「お菓子占い」を奉納したそうです。ルーレットになっています。

    お菓子占い

    お菓子占い大国殿に お菓子占い がおいてあります。なぜ、 お菓子占い が置いてあるかというと…

  5. 四天王のうち、「持国天」と「広目天」を配置している「二天門」と呼ばれています。入り口は強い神様で守る必要があるんですね。

    二天門(にてんもん)

    二天門(にてんもん)二天門 (にてんもん)とは、四天王のなかで「持国天(じこくてん)」と「広…

  6. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  7. 現在、慈眼堂(じげんどう)は一般公開されていないので、これより先は入ることができません。

    慈眼堂(じげんどう)

    慈眼堂 (じげんどう)常行堂と法華堂の間に道があります。上り坂になっていて「延命坂(えんめい…

  8. 陽明門を挟んで一対の建物です。昔は時を告げることもあったのではないでしょうか。

    鐘楼 と鼓楼

    日光東照宮の時を告げていた鐘楼と鼓楼陽明門の手前にある櫓(やぐら)のような二つの建物、向かっ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP