いろは坂

いろは坂

いろは坂 は日光市街と中禅寺湖を結ぶ道路です。多くの修験者僧が中禅寺湖や男体山を目指して使われていた道です。つづら折りのような急なヘアピンカーブがずっと続く厳しい道路です。カーブの数が「いろは歌」と同じ48か所だったのでその名前がつけられました。秋の紅葉シーズンには渋滞の名所に早変わりします。

いろは坂 のカーブの数

カーブの数は第1 いろは坂 と第2 いろは坂 をたして48か所です。
「 いろは坂 」とよばれるようになったのは昭和の初期のころだそうです。「いろはにほへと…」という「いろは歌」の文字の数だけヘアピンカーブがあったので、その名前が付けられました。

もともとのいろは坂は下りのいろは坂

渋滞に巻き込まれないようにするためには、これくらい早く「いろは坂」を上らないとなりません。

渋滞に巻き込まれないようにするためには、これくらい早く「いろは坂」を上らないとなりません。

秋の紅葉シーズンになると いろは坂 の渋滞はとても厳しいです。上りも下りもほとんど動かいときもあるそうです。

秋の紅葉シーズンになると いろは坂 の渋滞はとても厳しいです。上りも下りもほとんど動かいときもあるそうです。

いろは坂 は下りの第1いろは坂がもともとの いろは坂 で、その後交通事情などで、「昇り専用」の第2 いろは坂 ができました。カーブの数は調整してその由来に合うように48か所になっています。
実際に運転してみるとわかりますが、上りの第2 いろは坂 の方がヘアピンカーブの角度が少しゆるいです。下りの第1 いろは坂 は本当に「つづら折り」という言葉がぴったりなほど、折れ曲がっています。
また、確かに狭い道路で両方向の車が通るのでは運転技術がない私などはきっと、自分の車では奥日光に行かれなかったでしょう。

いろは坂 は女人禁制だった

いろは坂 というより、奥日光は明治の初めまでは女人牛馬禁制の場所で、女性と馬、牛はいろは坂を登ることができずに「馬返し」という場所で引き返すしかなかった。女性も「女人堂」までは上ることができましたが、その先は行かれませんでした。そして、その「結界」を破った巫女さんが石に変えられたり牛も石になってしまったそうです。

関連記事

  1. 日光市霧降高原キスゲ平園地

    キスゲ平は赤薙山の中腹、標高1,300m~1,600mにかけて広がる高原です。昭和40年に日光市…

  2. 明智平 ロープウェーに乗れば3分で華厳の滝、中禅寺湖、そして男体山が見ることができる。

    明智平

    明智平(あけちだいら)明智平 は第2いろは坂を昇り切る少し手前にあります。「 明智平 パノラマレ…

  3. 中禅寺湖は男体山の神様も赤城山の神様も神様も欲しかったそうです。そこで戦場ヶ原で戦いになって男体山の神様が勝ったので現在でも中禅寺湖は男体山の神様のそばにいます。

    中禅寺湖

    神話の中の中禅寺湖中禅寺湖はとても美しい湖です。湖畔には多くの外国の大使館の別荘があります。イタ…

  4. 小田代が原展望台 からは「貴婦人」が真正面に見えるので、大勢のカメラマンが押し寄せます。「貴婦人」は日光では有名な白樺の木です。多くのカメラマンが「貴婦人」と日光の風景の写真を撮りに小田代が原展望に訪れます。

    小田代が原展望台

    小田代が原展望台小田代が原展望台へはハイブリッドバスで行くこともできますし、もちろん歩いていくこ…

  5. 神話の時代に男体山の蛇と赤城山のムカデが中禅寺湖を取り合って戦いを繰り広げた「古戦場」が戦場ヶ原です。今では湿原の植物の宝庫となっています。珍しい植物や野鳥がやってきます。また「ツキノワグマ」も戦場ヶ原の「ズミ」の実が大好きで食べに来るそうです。小田代が原と同様に木道も整備されて歩きやすいです。

    戦場ヶ原

    戦場ヶ原(せんじょうがはら)戦場ヶ原 は男体山の西側にある湿原です。関東でも有数の湿原で、湿原特…

  6. 湯滝(ゆだき)から始まって竜頭の滝(りゅうずのたき)で終わる湯川沿いをハイキングする。

    湯川

    湯川(ゆかわ)湯川 は戦場ヶ原の西側を流れています。湯滝から中禅寺湖湖畔、菖蒲が浜まで全長12.…

  7. 赤沼から戦場ヶ原自然探究路に向かって歩いて行く途中に青木橋があります。青木橋を渡るとピクニックテーブルなどあり、休憩ができます。

    青木橋

    青木橋戦場ヶ原自然研究路を湯滝に向かってさかのぼり、広々とした湿原のあと、木道は湯川の向こう…

  8. 日光湯元温泉源泉は「湯の平湿原」にあります。温泉寺から行くとわかりやすいです。奥に見える小さな小屋のようなものは各旅館の源泉になっています。

    湯元温泉源泉

    日光湯元温泉源泉日光開山の祖「勝道上人」が発見したという「日光湯元温泉」その源泉は湯元温泉…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP