石鳥居

石鳥居 は日光東照宮の入口を飾ります。鳥居は神社に入り口にあって、聖域との結界の役割をしています。鳥居の内側は神様がおいでなる聖なる場所ということです。朱塗りの木でできているものもあれば、石で出来ているものもあります

鳥居とは

鳥居は、神社の入り口にあって、神様がお住みになる聖域と私たち人間界との結界という役割があります。
鳥居に内側は神様がいらっしゃる聖なる聖域です。

鳥居をくぐるときの注意点

① 鳥居の前で一礼する
② お帽子は取りましょう
③ 鳥居の真ん中(参道の真ん中)は神様のお通りになる場所なので、端を通りましょう。
④ 鳥居から出ていく時も、一礼します。

日本三大石鳥居

① 日光東照宮 
② 京都八坂神社
③ 鎌倉鶴が丘八幡宮

日光東照宮京都八坂神社鎌倉鶴が丘八幡宮
日光東照宮表参道から石鳥居を望む

日光東照宮表参道から石鳥居を望む

八坂神社の石鳥居

八坂神社の石鳥居

鎌倉鶴が丘八幡宮

鎌倉鶴が丘八幡宮

日光東照宮の石鳥居

日光東照宮の石鳥居は江戸時代に建てられたものです。鳥居の中央には後水尾天皇が書かれた「東照大権現」の額がかかっています。この額の大きさだけでも畳1畳分ありますが、下から見上げるととてもそんなに大きく見えません。

中央の額は後水尾天皇のお手で、畳一畳くらいの大きさです。

中央の額は後水尾天皇のお手で、畳一畳くらいの大きさです。

石鳥居を寄贈した人

石鳥居は、豊臣秀吉公の軍師、「黒田官兵衛」の嫡男、黒田長政(黒田藩52万石の藩主)が1618年に奉納しました。(1618年の3年前、1615年に大阪夏の陣で豊臣氏は滅亡しました。)
石づくりの工法は、古代エジプトのピラミッドと同じだそうです。ちゃんと免振設計にもなっていて、揺れを逃がす構造になっています。

照降石(てりふりいし)

石鳥居の手前の石段は遠近法を利用して作られています。
最上段の真ん中の石は、斜めに分かれた茶と青の色の違いが濃く際立ってくると翌日、雨が降るそうです。

照降石石段
天気予報のできる石

天気予報のできる石

石鳥居の下の石段

石鳥居の下の石段
最上段に石が天気予報できる石です。今日は雨ふりなので、石のいろは変わりません。

関連記事

  1. 2代将軍徳川秀忠公の頃から、2時間ごとに鐘を鳴らして時刻を告げていたそうです。

    鐘楼(日光山輪王寺)、黒門(くろもん)

    鐘楼(しょうろう)鐘の音 は日光山内に響き渡ることでしょう。輪王寺の鐘楼は三仏堂の左側にあ…

  2. 四本龍寺、三重塔は源実朝公を弔うため建立されました。

    三重塔

    三重塔四本龍寺の三重塔は、1219年に大銀杏の木のそばで暗殺された源実朝の霊を鎮めるために1…

  3. 神楽殿(かぐらでん)のわきには親子杉があります。

    神楽殿

    神楽殿 (かぐらでん)神社の境内にあって神様に神楽を奉納するための場所を「 神楽殿 (かぐら…

  4. 日光二荒山神社の社務所。ご祈祷の受付、御朱印の受付などはこちらの入り口から入れます。

    社務所

    社務所 (しゃむしょ)社務所とは神社の事務所にあたります。神社における様々な事務作業を行う場…

  5. 釈迦堂はたびたびお引越しをしている建物です。最初は東照宮のお仮殿の場所にありましたが、1621年に仏岩に移されて、その20年後に現在の田母沢御用邸の前に移されました。7月15日には輪王寺僧侶によるお施餓鬼法要が行われます。

    釈迦堂

    釈迦堂殉死の墓を目指して歩いて行くと、正面に「釈迦堂」があります。その奥に、「殉死の墓」があ…

  6. 青龍神社

    青龍神社

    青龍神社「 青龍神社 (せいりゅうじんじゃ)」は弘法大師空海の弟子が京都の醍醐(だいご)の青…

  7. 慈雲寺(じうんじ)は1654年に晃海僧正によって建立されました。ちょうど、4代将軍家綱の治世になってしばらくしたころです。

    慈雲寺 (じうんじ)

    慈雲寺慈雲寺 (じうんじ)は1654年に天海僧正の4人の弟子の一人、晃海僧正によって建立され…

  8. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓は、この開山堂の裏手にあるものだけでなく、中禅寺湖にある上野島こうづけじまと、竜頭りゅうずの滝近くの瑠璃ガ壺(るりがつぼ)の3か所に分骨してあるそうです。

    勝道上人のお墓

    勝道上人のお墓日光山を開いたといわれている勝道上人は817年3月1日に亡くなりました。男体山…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP