岩裂神社

岩裂神社(いわさくじんじゃ)

いつごろできたかはわかりませんが、昔は「星の宮」と称して「虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)」(「虚空菩薩(こくうぼさつ)」とも言います。)を祀っていたそうです。神仏分離をうけて1869年(明治2年)、「岩裂神社(いわさくじんじゃ)と改めて磐裂神・根裂神(イワサク・ネサクシン)を祀っています。
本殿は大谷石のできた堂に収められています。

虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)

神仏習合時代の名残でしょうか。石仏がたくさん置いてあります。

神仏習合時代の名残でしょうか。石仏がたくさん置いてあります。

虚空菩薩の修法は真言を何百万回も唱えるそうです。だから、きっと星の宮と称されていた時代は修業の場だったのでしょう。

カタクリの花咲く 岩裂神社 (いわさくじんじゃ)

境内はカタクリの花が咲くと評判になっているそうです。4月中旬ころに日光に行くときっと見頃だと思います。

岩裂神社の祭礼

正月3日後の最初の日曜日が五社祭( 岩裂神社 ・青龍神社・八幡神社・花石神社・久次良神社の五社です。)
9月12日に例祭が行われます。

岩裂神社入り口岩裂神社境内岩裂神社境内
岩裂神社入り口
岩裂神社境内
岩裂神社境内

関連記事

  1. 根っこは一つで日本の杉の木なので、「夫婦杉(めおとすぎ)」

    夫婦杉

    夫婦杉(めおとすぎ)日光二荒山神社は「恒例山」という山の南麓にあり神社にふさわしい杉の巨木が…

  2. 花石神社

    花石神社

    花石神社由来 日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。…

  3. 神話の時代は男体山の神様は蛇でした。二荒山神社中宮祠は二荒権現を祀るために勝道上人が建てました。

    二荒山神社中宮祠

    日光二荒山神社中宮祠 二荒山神社中宮祠 は中禅寺湖畔にあり、「一の鳥居」がいろは坂を昇って中禅寺…

  4. 日光開山の祖「勝道上人」を荼毘にふした場所が仏岩谷です。そこに勝道上人の霊を祭るところとして「開山堂」という小さなお堂を建てました。

    開山堂

    開山堂(かいざんどう)「 開山堂 」とはその寺院の開山の像を祀ったお堂の事です。日光を開いた…

  5. 八幡神社は国道120号線にあります。道路より高い位置にあるので階段を上って「鳥居」をくぐります。ご祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)で「応神天皇」と同一視されています。

    八幡神社

    八幡神社八幡神社 は日光開山の祖「勝道上人」が作りました。別名、「飛石八幡(とびいしはちまん…

  6. 天海僧正のお経が納めれているそうです。

    輪蔵 (りんぞう)

    仏教の経典を納めておく所です。中央に、八角形の経典を納める書架が置かれていることから輪蔵(りんぞう)…

  7. 日光開山の祖「勝道上人」が建立した四本龍寺の観音堂。白木作りです。

    四本龍寺観音堂

    観音堂本宮神社の向こう側に観音堂と三重塔があります。勝道上人が千手観音を祀った観音堂です。観…

  8. 日光東照宮の本社とは、拝殿 、石の間、本殿の3つの建物を本社と言います。

    本社

    本社(ほんしゃ)拝殿 、石の間、本殿の3つの建物を本社と言います。東照宮本社は 拝殿 (はい…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP