慈眼堂(じげんどう)

慈眼堂 (じげんどう)

常行堂と法華堂の間に道があります。上り坂になっていて「延命坂(えんめいさか)」というそうです。
その延命坂を上っていくと慈眼堂(じげんどう)にたどり着きます。
以前は公開されていたそうですが、3.11の大震災後、あちこち危険な箇所があるので一般公開は中止しているそうです。
慈眼堂は天海僧正が眠っているところだそうです。

    1. 拝殿
    2. 墓所
    3. 天海蔵(文庫)
    4. 阿弥陀堂
    5. 鐘楼

などがあります。

通る人もいないので、苔がいい感じです。

通る人もいないので、苔がいい感じです。

天海僧正の大師号が「慈眼(じげん)」ということから「 慈眼堂 (じげんどう)」とつけられたそうです。

天海僧正とは

天海僧正は徳川家康・秀忠・家光の3代に仕えた僧侶で、非常に長生きで10月2日に亡くなったそうですが、なんと108歳だったという事です。現代の医療が進んでいる時代でも100歳を超えるのは長寿の部類に入ります。ましてや当時、織田信長は「人間50年」と舞ったくらいですから108歳というのは驚異的な年齢だったことでしょう。
日光と天海僧正はとても深い関係にあり、家康公の霊廟として「日光」を選んだのは「天海僧正」でした。天海僧正は日光の地形をとても詳しく研究して、どこに何を建てるか、すべて秀忠公、家光公に指導していたようです。

天海僧正は謎の人物

天海僧正は年齢の面だけでなく、様々不思議なストーリーがあります。
実は明智道秀だったという話もあります。本当なんでしょうか?
いろは坂を上って、中禅寺湖の手前に「明智平」という地名の場所があります。ここは天海僧正が命名したそうです。
また、日光東照宮の陽明門も随身の家紋が「桔梗」です。
「桔梗」は明智光秀の家紋です。

陽明門 は髄身門です。この人物がだれなのかは東照宮の謎の一つです。

陽明門 は髄身門です。この人物がだれなのかは東照宮の謎の一つです。

もし、明智光秀だったら、どのような気持ちで徳川家3代に仕えていたのでしょうか?でも、考えてみたら自分を滅ぼした豊臣秀吉を徳川家は滅ぼしたわけなので、復讐を遂げるという意味では、徳川家に仕えて、うまく豊臣家を滅亡させるように仕向けたのでしょうか。

慈眼堂のある位置と開山堂との位置関係

日光を開いた「勝道上人」のお墓がある「開山堂」と慈眼堂は丁度、一本の線で結ぶことができます。日光の「鬼門」が開山堂のある方角なので、勝道上人は自らのお墓を設置して日光を守り、外山に毘沙門天を設置して更に守りを固めています。そこで天海僧正も自らのお墓を、鬼門の反対側「裏鬼門」に設定して日光の守りを固めています。勝道上人と天海僧正のお二人に守られているので日光の警備は盤石です。

10月2日には法要があります。

天海僧正の命日、10月2日には、毎年拝殿で法要がいとなわれます。天海僧正の好きな法要だったそうです。とても長いので長講会(ちょうごえ)というそうです。
その時に天海僧正がお好きだった「納豆汁」がだされます。
天海僧正が召し上がられた納豆汁がどんなお味なのか、わかりませんが、納豆汁とはお味噌汁の中に納豆が入った物だそうです。納豆はひきわり納豆を使うそうです。

大猷院殿の手前に渡り廊下でつながったお堂があります。常行堂(じょうぎょうどう)と法華堂(ほっけどう)という、二つの建物が繋がっているから二つ堂(ふたつどう)というのでしょう。
二つ堂は全国でも珍しい
このように二つのお堂が繋がっているものは非常に珍しく比叡山と輪王寺だけだそうです。

渡り廊下で二つのお堂が繋がっています。

渡り廊下で二つのお堂が繋がっています。
(法華堂)

常行堂(じょうぎょうどう)

純和風の建築様式
ご本尊は、 阿弥陀如来(あみだにょらいぞう)です。
常行三昧とは約10メートル四方のお堂の中で行われる修業です。ご本尊の阿弥陀如来像の周りを、ひたすら阿弥陀様のお名前だけを唱え、心にも阿弥陀様を念じながら昼夜歩き続ける修業です。
24時間、座ることなく、休憩するのも座ってはだめなので天井から下げられた紐につかまります。
24時間続けて行われるので、常行といい、その修行をするためのお堂だから常行堂というわけです。
この修業は現在では「修正会」として年に1回、お正月に行われます。

阿弥陀如来像

常行堂の阿弥陀如来様は冠をかぶって、孔雀(くじゃく)に乘るというとても珍しい阿弥陀様です。しかも、おひとりではなく5人の阿弥陀様はすべて孔雀に乗っていらっしゃるのご様子はとても珍しいものだそうです。(全国でも日光にしかないそうです。)
仏教では孔雀(くじゃく)は癒しと解毒の象徴だそうです。
2017年は修理も完成したので、とてもきれいな阿弥陀様が見られるうえに、特別行事としてお坊さんのお話、お経、そして記念のお守りもいただけます。
お得な期間は2017年4月9日~2018年3月31日です。

法華堂(ほっけどう) 

法華堂は法華三昧堂の略称です。
法華堂は法華三昧(ほっけざんまい)を行うためのお堂です。
法華三昧とは法華経を音読する修業です。21日間、仏像の周囲を歩く行と座禅を中心に行う行とある。
法華堂のご本尊は、普賢菩薩・鬼子母神、十羅殺女などがあります。

日光山輪王寺に関する他の記事

関連記事

  1. 中禅寺の秘仏。日光開山1250年で初めて公開される。

    中禅寺の秘仏「吉祥天(きっしょうてん)」

    歌が浜の伝説784年に男体山登頂を成功した勝道上人が中禅寺湖に小舟を浮かべと、天女が舞い降り…

  2. 大谷川で立ち往生している勝道上人の一向に対岸に神様が表れて蛇を投げて渡らせてくれたという神様を祀っています。

    深沙王堂

    深沙王堂 (じんじゃおうどう)「神橋」の北側に 深沙王堂 (じんじゃおうどう)と呼ばれる小さ…

  3. 日光二荒山神社は パワーのある神社 です。

    縁結びの神様「日光二荒山神社」日光二荒山神社はとてもパワーのある神社です。なぜならご神体がご家族…

  4. 浄光寺のお地蔵様

    導き地蔵尊

    導き地蔵の意味は、仏の道への導きだということです。日光だけなく全国各地に導き地蔵尊はいらっしゃ…

  5. 日光山中禅寺の境内の中にある大きな瘤に自分の悪いところ、痛いところをつけると治るという事です。

    身代わりの瘤

    身代わりの瘤日光山中禅寺の境内の中に大きな瘤が出来ている木があります。私たちの悪いところ、痛い…

  6. 護摩壇

    護法天堂(ごほうてんどう)

  7. 街灯もあまりない時代でユラユラ灯籠の光が光っていたら切り付けられますよね。

    化け灯籠

    化け灯籠(ばけどうろう)「 化け灯籠 (ばけどうろう)」と呼ばれる灯篭は、唐銅製の灯篭で、日…

  8. 青龍神社

    青龍神社

    青龍神社「 青龍神社 (せいりゅうじんじゃ)」は弘法大師空海の弟子が京都の醍醐(だいご)の青…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP