慈眼堂

慈眼堂

慈眼堂 (じげんどう)

常行堂と法華堂の間の道を山に登っていく坂道を「延命坂」といい、その坂道を上ると「 慈眼堂 (じげんどう)」に到着します。慈眼堂(じげんどう)は天海僧正のお墓があるところです。
ですが、残念ながら現在は一般公開されていません。

    1. 拝殿
    2. 墓所
    3. 天海蔵(文庫)
    4. 阿弥陀堂
    5. 鐘楼

などがあります。

通る人もいないので、苔がいい感じです。

通る人もいないので、苔がいい感じです。

天海僧正の大師号が「慈眼(じげん)」ということから「 慈眼堂 (じげんどう)」とつけられたそうです。

天海僧正とは

天海僧正は徳川家康・秀忠・家光の3代に仕えた僧侶で、非常に長生きで10月2日に亡くなったそうですが、なんと108歳だったという事です。現代の医療が進んでいる時代でも100歳を超えるのは長寿の部類に入ります。ましてや当時、織田信長は「人間50年」と舞ったくらいですから108歳というのは驚異的な年齢だったことでしょう。
日光と天海僧正はとても深い関係にあり、家康公の霊廟として「日光」を選んだのは「天海僧正」でした。天海僧正は日光の地形をとても詳しく研究して、どこに何を建てるか、すべて秀忠公、家光公に指導していたようです。

慈眼堂のある位置と開山堂との位置関係

日光を開いた「勝道上人」のお墓がある「開山堂」と慈眼堂は丁度、一本の線で結ぶことができます。日光の「鬼門」が開山堂のある方角なので、勝道上人は自らのお墓を設置して日光を守り、外山に毘沙門天を設置して更に守りを固めています。そこで天海僧正も自らのお墓を、鬼門の反対側「裏鬼門」に設定して日光の守りを固めています。勝道上人と天海僧正のお二人に守られているので日光の警備は盤石です。

10月2日には法要があります。

天海僧正の命日にあたる10月2日には毎年、拝殿で法要(長講会(じょうごえ)が営まれます。天海僧正の好物だった「納豆汁」が供せられます。

*
*
* (公開されません)