深沙王堂

深沙王堂 (じんじゃおうどう)

「神橋」の北側に 深沙王堂 (じんじゃおうどう)と呼ばれる小さなお堂があります。小さなお堂なので車だと気がつかないかもしれません。勝道上人が大谷川を渡るのに流れがあまりにも急で渡れなくて困っていたところに2匹の蛇を投げてくれた神様を祀っています。深沙王の本地(ほんじ)は毘沙門天です。

深沙王堂 (じんじゃおうどう)で恋愛成就をお願いしよう!

深沙王の本地は毘沙門天だそうです。ということは縁結びは待っていてはダメで戦って勝ち取るのね。

深沙王の本地は毘沙門天だそうです。ということは縁結びは待っていてはダメで戦って勝ち取るのね。

「橋を渡るのをたすけた」ことから、「物事の橋渡し」や「恋愛の橋渡し」が連想され、縁結びの神様として恋の成就を願う人が多くなりました。

深沙王堂 (じんじゃおうどう)で商売繁盛をお願いしよう!

「蛇」ということから、「蛇信仰」と結びついて、商売繁盛の橋渡し、事業繁栄の橋渡しといったようなご利益を求める人の信仰も集めています。

関連記事

  1. 三神庫 の中でも最も重要な上神庫には「ご神宝」を補完しています。

    三神庫

    三神庫(さんしんこ)は神様のお道具箱です。三神庫 は表門(仁王門)を抜けるとすぐ目の前に…

  2. 児玉堂

    児玉堂(こだまどう)

    児玉堂(こだまどう)児玉堂(こだまどう)は弘法大師空海が修業していたら2個の玉が現れたの…

  3. 日光真光教会は日光で初めての洋式建築です。現在のような石造りになったのは1914年の事です。

    日光真光教会

    日光真光教会日光真光教会 は1899年に建てられました。1899年は明治32年にあたり、日本…

  4. 上神庫の前にも多くの灯篭が並んでいます。石灯籠には苔が生えているものが多く、年月の長さを感じます。

    灯籠 (とうろう)

    日光東照宮の石 灯籠日光東照宮の境内にはあちこちに「灯籠(とうろう)」があります。 灯籠 の…

  5. 日光東照宮は神社なので、本来は表門はないのですが、江戸時代までは神仏習合だったので神社にも、お寺にも「表門」がありました。

    表門

    日光東照宮の石鳥居を過ぎると「表門」があります。 表門は左右に「阿吽」の 仁王像 を安置しているので…

  6. 八幡神社は国道120号線にあります。道路より高い位置にあるので階段を上って「鳥居」をくぐります。ご祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)で「応神天皇」と同一視されています。

    八幡神社

    八幡神社八幡神社 は日光開山の祖「勝道上人」が作りました。別名、「飛石八幡(とびいしはちまん…

  7. 大勢の人の願いをかなえてくれます。混んでいるときは宝刀の入り口くらいまで人が並んでいます。

    叶う杉 (かなうすぎ)

    叶う杉(かなうすぎ)「 叶う杉 」という、願いを叶えてくれる杉の木が家康公のお墓である宝塔の…

  8. 弘法大師空海が滝尾神社のそばの湧き水を汲んで神様に捧げた水でお酒を造ったらとっても美味しいお酒ができたという事です。

    酒の泉

    酒の泉弘法大師空海がこの泉の水を汲み、神にささげたという事です。そして、そのお供水が酒の味が…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP