慈雲寺 (じうんじ)

慈雲寺

慈雲寺 (じうんじ)は1654年に天海僧正の4人の弟子の一人、晃海僧正によって建立されました。1654年は徳川家綱の時代です。その当時の建物は残念ながら1902年(明治35年)の大洪水で流されてしまい、現在私たちが見ることができる慈雲寺の本堂は1973年(昭和48年)に復元されたものです。大谷川沿いにある護摩壇や化け地蔵などが有名です。

慈雲寺 の護摩壇「霊庇閣(れいひかく)」

晃海僧正が建立した護摩壇です。これも流されてしまったので、昭和になって再現して言います。

晃海僧正が建立した護摩壇です。これも流されてしまったので、昭和になって再現して言います。

「護摩壇」は四隅に杭を立てて、屋根もつけて結界し、中央に護摩炉を設けます。そしてその前で、「護摩」を不動明王に向かって唱えます。ですから、護摩壇の向こう側に不動明王があります。
慈雲寺の護摩壇「霊庇閣(れいひかく)」は大谷川を挟んで対岸に不動明王があったそうです。ですが、残念ながらこの石像も今はありません。

弘法の投げ筆

霊庇閣の対岸に不動明王があり、その不動明王に向かって護摩滝をしたそうです。不動明王は流されてしまっています。また、弘法大師空海が筆を対岸に投げたら梵字が書かれたという伝説があるのもこのあたりです。

霊庇閣の対岸に不動明王があり、その不動明王に向かって護摩滝をしたそうです。不動明王は流されてしまっています。また、弘法大師空海が筆を対岸に投げたら梵字が書かれたという伝説があるのもこのあたりです。

慈雲寺 の護摩壇「霊庇閣(れいひかく)」の対岸の絶壁に弘法大師空海が筆を投げて「かんまん」という文字を刻んだという伝説のある「弘法の投げ筆」があります。ですが、これはやはり、完全に「こんなことあったらいいな」というレベルの話で実際には「慈雲寺」を建立した晃海僧正が能書家の山順僧正の梵字を刻ませたものだそうです。

7月14日

7月14日には輪王寺の僧侶による盂蘭盆会の法要が営まれます。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 弘法大師空海が修業していたら、女神が現れたという「影向石(ようごうせき)」

    影向石

    影向石 (ようごうせき)「影向石」とは820年に空海がこの地で祈っていたら、美しい女神が現れ…

  2. 勝道上人

    勝道上人の銅像

  3. もともと、丸い石だったのか、みんながなでたから丸くなったのか、よくわかりませんが、なでると心が丸くなるという丸石です。

    丸石

    丸石(まるいし)「 丸石 」は大国殿の前におかれています。多くの人になでられて丸くなっていま…

  4. 奥社の中にある宝塔

    奥社

    奥社(おくしゃ)奥社 とは、神君徳川家康公の霊廟です。徳川家康は1616年に亡くなると、遺言…

  5. 日光二荒山神社の手水舎で手を洗います。神様の領域に入るためには身を清めることから始めます。

    手水舎

    手水舎 (てみずしゃ)手水舎 とは手を洗う場所の事です。神社やお寺に参拝すると、必ず門をくぐ…

  6. 江戸時代までは神仏習合だったので、左右に仁王像が置かれていました。

    滝尾神社

    滝尾神社滝尾神社は820年に弘法大師空海が作ったといわれています。ご神体は大己貴命(おおなむ…

  7. 逍遥園は京都からいらした宮様の為に作られました。逍遥園のお庭を散策されて京都を思い出していたでしょうか。

    逍遥園

    逍遥園 (しょうようえん逍遥園 (しょうようえん)は江戸時代に作られた庭園です。池が真ん中にあっ…

  8. 輪王寺手前の二つ堂。

    二つ堂(ふたつどう)

    大猷院殿の手前に渡り廊下でつながったお堂があります。常行堂(じょうぎょうどう)と法華堂(ほっけ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP