慈雲寺 (じうんじ)

慈雲寺

慈雲寺 (じうんじ)は1654年に天海僧正の4人の弟子の一人、晃海僧正によって建立されました。1654年は徳川家綱の時代です。その当時の建物は残念ながら1902年(明治35年)の大洪水で流されてしまい、現在私たちが見ることができる慈雲寺の本堂は1973年(昭和48年)に復元されたものです。大谷川沿いにある護摩壇や化け地蔵などが有名です。

慈雲寺 の護摩壇「霊庇閣(れいひかく)」

晃海僧正が建立した護摩壇です。これも流されてしまったので、昭和になって再現して言います。

晃海僧正が建立した護摩壇です。これも流されてしまったので、昭和になって再現して言います。

「護摩壇」は四隅に杭を立てて、屋根もつけて結界し、中央に護摩炉を設けます。そしてその前で、「護摩」を不動明王に向かって唱えます。ですから、護摩壇の向こう側に不動明王があります。
慈雲寺の護摩壇「霊庇閣(れいひかく)」は大谷川を挟んで対岸に不動明王があったそうです。ですが、残念ながらこの石像も今はありません。

弘法の投げ筆

霊庇閣の対岸に不動明王があり、その不動明王に向かって護摩滝をしたそうです。不動明王は流されてしまっています。また、弘法大師空海が筆を対岸に投げたら梵字が書かれたという伝説があるのもこのあたりです。

霊庇閣の対岸に不動明王があり、その不動明王に向かって護摩滝をしたそうです。不動明王は流されてしまっています。また、弘法大師空海が筆を対岸に投げたら梵字が書かれたという伝説があるのもこのあたりです。

慈雲寺 の護摩壇「霊庇閣(れいひかく)」の対岸の絶壁に弘法大師空海が筆を投げて「かんまん」という文字を刻んだという伝説のある「弘法の投げ筆」があります。ですが、これはやはり、完全に「こんなことあったらいいな」というレベルの話で実際には「慈雲寺」を建立した晃海僧正が能書家の山順僧正の梵字を刻ませたものだそうです。

7月14日

7月14日には輪王寺の僧侶による盂蘭盆会の法要が営まれます。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 日光山中禅寺の境内の中にある大きな瘤に自分の悪いところ、痛いところをつけると治るという事です。

    身代わりの瘤

    身代わりの瘤日光山中禅寺の境内の中に大きな瘤が出来ている木があります。私たちの悪いところ、痛い…

  2. 街灯もあまりない時代でユラユラ灯籠の光が光っていたら切り付けられますよね。

    化け灯籠

    化け灯籠(ばけどうろう)「 化け灯籠 (ばけどうろう)」と呼ばれる灯篭は、唐銅製の灯篭で、日…

  3. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  4. 日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

    高天原(神々がおいでになる場所)

    高天原高天原(たかまがはら)とは古事記に記されている神様たちが住んでいらっしゃる場所のことで…

  5. 江戸時代までは「星の宮」といって虚空蔵菩薩を祀っていました。神仏分離令で岩裂神社となりました。

    岩裂神社

    岩裂神社(いわさくじんじゃ)いつごろできたかはわかりませんが、昔は「星の宮」と称して「虚空蔵…

  6. 神楽殿(かぐらでん)のわきには親子杉があります。

    神楽殿

    神楽殿 (かぐらでん)神社の境内にあって神様に神楽を奉納するための場所を「 神楽殿 (かぐら…

  7. 2代将軍徳川秀忠公の頃から、2時間ごとに鐘を鳴らして時刻を告げていたそうです。

    鐘楼(日光山輪王寺)、黒門(くろもん)

    鐘楼(しょうろう)鐘の音 は日光山内に響き渡ることでしょう。輪王寺の鐘楼は三仏堂の左側にあ…

  8. 外側は黒が基調なので地味な感じですが、中は金箔の柱、極彩色の鳳凰など派手な装飾となっています。

    奥社拝殿

    奥社拝殿奥社拝殿 とは神君家康公の宝塔の前の建物で、江戸時代は将軍だけがその建物で家康公…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP