殉死の墓

殉死の墓

殉死の墓 は徳川家康公の後を追った家臣や徳川家光公の後を追った家臣の墓です。江戸時代初期は使えている主君が死ぬと一緒に主だった家臣は後を追いました。ですが、そうすると、先代の主だった家臣がなくなってしまい政務に支障が出るので、4代将軍家綱は殉死を禁止しました。

殉死の墓 についてー殉死とは

殉死というは今だと少し理解しにくいですが、主君の死を追って家臣が自らの命を絶つという事です。本人の希望で殉死する場合はほとんどですが、中には無理やり殉死させられるケースもあったようです。
殉死は古くは古墳時代からあったようですが、特に武家社会において多く例が見られます。殉死者の数が一番多いのは、「伊達政宗」の15人です。

殉死の墓 についてー殉死しなかった人

家光の側近の中でも「松平信綱」は殉死をしないで4代将軍「徳川家綱」を支えました。当時、町民の間でも殉死しない信綱を非難したそうです。
「伊豆まめは、豆腐にしては、よけれども、役に立たぬは切らずなりけり」
「伊豆まめ」というのは松平信綱ことです。信綱は頭の切れる人で「知恵伊豆」というようなあだ名があったそうです。
町民ですが、そのような非難をしたので、きっと同じ武士の間ではもっと言われたことでしょう。それに関して信綱は「先代に御恩を頂いているものが全員死んでしまったら、いったい誰が徳川家をさせるのか?」と反論しているそうです。確かに、これが正論です。
そのような事があったので、4代将軍家綱の時代に武家諸法度に「殉死の禁止」が明記されました。

殉死の墓 についてー殉死した人

徳川家光公がなくなって殉死た人は11にいます。 殉死の墓 にお墓があるのが5人です。

4代将軍綱吉の時代からは「殉死」は禁止になりましたが、それまでは主君にの死とともに死ぬのが当たり前だったそうです。

4代将軍綱吉の時代からは「殉死」は禁止になりましたが、それまでは主君にの死とともに死ぬのが当たり前だったそうです。

    殉死の墓 の5人

  • 堀田正盛
  • 阿部重次
  • 内田正信
  • 三枝守恵
  • 奥山安重

日光山輪王寺に関する他の記事

関連記事

  1. ナナと温泉神社へ

    温泉神社

    温泉神社温泉神社は温泉を祀る神社で、日本は火山があちこちにあり、全国各地に温泉があるので…

  2. 弘法大師空海が高野山から苗を運んできた槇の木も今では「老木」になっています。

    高野槇

    弘法大師空海が植えた「高野槇(こうやまき)」「 高野槇 」とは樹齢1200年を超える槇の老木…

  3. 日光山中禅寺 は山伏達たちの修業の場として784年に勝道上人が建立したものです。

    日光山中禅寺

    坂東観音霊場33か所坂東観音霊場33か所とは、関東地方(神奈川県・埼玉県・東京都・群馬県・栃…

  4. 2代将軍徳川秀忠公の頃から、2時間ごとに鐘を鳴らして時刻を告げていたそうです。

    鐘楼(日光山輪王寺)、黒門(くろもん)

    鐘楼(しょうろう)鐘の音 は日光山内に響き渡ることでしょう。輪王寺の鐘楼は三仏堂の左側にあ…

  5. 日光東照宮は神社なので、本来は表門はないのですが、江戸時代までは神仏習合だったので神社にも、お寺にも「表門」がありました。

    表門

    日光東照宮の石鳥居を過ぎると「表門」があります。 表門は左右に「阿吽」の 仁王像 を安置しているので…

  6. 日光東照宮の神與舎(しんよしゃ)には神様の乗り物「お神輿」を保管してあります。天井に天女の絵が書いてあって「ささやき」が聞こえるそうです。一度、聞いてみたいです。

    神與舎

    神輿舎陽明門を入ると左側に「神輿舎(しんよしゃ)」という3基の御神輿(おみこし)が納められて…

  7. 神さま専用のトイレなので、一般の方は使用できません。内部公開もされていません。

    神様のトイレ

    神様のトイレは神様がお使いになるトイレです。「トイレにはきれいな女神様が住んでいる」という歌…

  8. 3代将軍家光公の霊廟である「大猷院殿」

    大猷院殿 とは

    大猷院殿徳川 家光 公は1651年4月20日、江戸城で亡くなりました。遺言で徳川 家光 公は…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP