覚源上人 の墓

地獄めぐりをした「覚源上人」

覚源上人 のお話は日本昔話にのっています。
日本昔話によると、 覚源上人 は地獄の閻魔大王に呼ばれて地獄とはどんなところか人々に伝えてほしいと頼まれたそうです。閻魔大王は「最近、地獄に来る人間が増えたから、地獄とはどんなところか、よく伝えてなるべくこんなところには来ないでほしい」と 覚源上人 に頼んだそうです。そこで 覚源上人 は娑婆に帰ってからみんなに地獄の話をするようになってという事です。

覚源上人 と釘念仏札

覚源上人 が見学したという地獄は正に「地獄絵図」でした。地獄に落ちた人は毎日、長い鉄の釘を49日間打たれます。

  1. 頭に3本
  2. 左右の肩に2本
  3. 左右の手に6本
  4. 腹に20本
  5. 脇に14本
  6. 左右の足に4本

合計で49本の長い釘を打たれます。
しかも、一度打たれたら33年間は打たれたままだそうです。

閻魔大王は 覚源上人 に苦しみを和らげる方法を教えました。

  • 生きている人が供養をしてあげる。
  • 念仏と唱える
  • 死後49日目に白い餅、49個お供えして、49の卒塔婆を立てる。
  • お札をもって念仏を49万遍唱える。

と言って、 覚源上人 にお札を渡しました。そこで、覚源上人は娑婆人帰ると49個の穴のあいたお札をコピーして人々に配ったそうです。それが「釘念仏札」です。

現在では輪王寺でもらえます。

「釘念仏札」は今では「寂光寺」がなくなってしまったので、「輪王寺」でもらえるそうです。

関連記事

  1. 清滝寺

    清滝寺(きよたきじ)

    清滝寺とは 清滝寺の千手観音菩薩像「清滝観音」は、日光山中禅寺の「立木観音」と同じ桂の木で作られ…

  2. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  3. 大猷院殿の仁王門を抜けると左側に4代将軍家綱公が自ら植えたという「槇」の老木があります。

    槇の木(まきのき)

    徳川家綱公(4代将軍)お手植えの「槇の木」徳川家綱公(4代将軍)が自ら植えたという「槇」の古…

  4. 奥社の中にある宝塔

    奥社

    奥社(おくしゃ)奥社 とは、神君徳川家康公の霊廟です。徳川家康は1616年に亡くなると、遺言…

  5. 日光東照宮 の入口を飾る石鳥居は黒田長政が寄進したものです。黒田長政はNHK大河ドラマ「官兵衛」の嫡男です。

    石鳥居

    石鳥居 は日光東照宮の入口を飾ります。鳥居は神社に入り口にあって、聖域との結界の役割をしています。鳥…

  6. 若子神社(じゃっこじんじゃ)は、もともとは寂光寺というお寺でした。江戸時代まではとても賑わっていました。ですが、明治政府の出した神仏分離令で廃寺となり、その代わりに「若子神社」となりました。寂光の滝がすぐそばにあります。

    若子神社

    寂光寺について寂光寺は弘法大師空海が開いたといわれています。弘法大師空海が滝尾神社を開いた後…

  7. 三仏堂の中に入ると、とても大きな3体の仏像がいらっしゃいます。

    三仏堂

    三仏堂(さんぶつどう)三仏堂 とは三体の本地仏(ほんじぶつ)を祀っているので、「 三仏堂 」…

  8. 弘法大師空海が滝尾神社のそばの湧き水を汲んで神様に捧げた水でお酒を造ったらとっても美味しいお酒ができたという事です。

    酒の泉

    酒の泉弘法大師空海がこの泉の水を汲み、神にささげたという事です。そして、そのお供水が酒の味が…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP