叶う杉 (かなうすぎ)

叶う杉 (かなうすぎ)

叶う杉(かなうすぎ)

「 叶う杉 」という、願いを叶えてくれる杉の木が家康公のお墓である宝塔のそばにあります。 叶う杉 は樹齢600年くらいはしている巨木です。 叶う杉 の真ん中に穴が開いていて洞窟のようになっています。そこに、しめ縄がかけられていて、 叶う杉 の前には御さい銭もおいてあります。
私も、子供3人もおりますと、願い事はたくさんあります。今日は、叶う杉に願いをかなえてもらえる方法を考えてみました。

叶う杉 のご利益

叶う杉 はそれぞれの願いをかなえる神様なので、あらゆる分野での願い事を聞いてくれるとは思うが、やはり神君徳川家康公のおそばにいらっしゃることを考えると、自然と願い事も見えてくるのではないでしょうか。

叶う杉 のお願い方法

神は人の敬(うやまい)によりて威を増し 人は神の徳によりて運を添う

「この言葉の意味は神様を敬い、神様に感謝すれば、願いは神様の徳によってかないます」という意味です。

ですから、 叶う杉 にお願いして願いをかなえてもらいたい場合は、ただ願い事を言ったり、どうせ、ダメなんだしなどと、思わずに、 叶え杉 の木の精霊に感謝して、「お願いします」という気持ちが大事です。

叶う杉 お願いのマナー

叶う杉 のある場所はとても狭くて、観光のハイシーズンの時など混んで長蛇の列になっています。そんな時は正面でお願いするのではなくて、その周囲を歩いているときから心の中で願い事をしていれば、木の精霊には届きますし、神君家康公もお聞きになって願いを叶えてくるかもしれません。やはり、マナーが大事です。

叶う杉 の御さい銭の上げ方

これも、 叶う杉 に限ったことではありませんが、お金は投げないでください。 叶う杉 の御さい銭箱はとても近くにあるので、決して投げないでください。
私たちだって、人からお金を受け取るとき投げられたら不快に思いますよね。 叶う杉 の木の精霊様も御さい銭を投げてよこすような人の願いは後回しにされると思います。

叶う杉 の願い方

叶う杉 の前、場合によっては脇で次の順番で願い事をして下さい。

  1. 自分の名前と住所をいいます。
  2. まずは感謝の気持ちを述べる。たとえ苦しい状況でも、感謝することは必ずあります。
  3. そして、 叶う杉 の神様がこれからもお元気で願いが叶えられるようお願いする。
  4. ご誓願という言葉どおり自分の「誓い」を述べる。
  5. 叶う杉 のある場所は徳川家康公が自らの墓地にと選んだだけある、パワーのあふれる場所なので、しっかり深呼吸してパワーある「気」を自分の中に取り込みましょう。
  6. 最後に、なにより大事なことは 叶う杉 の精霊に感謝することです

Comment on Facebook