金谷武家屋敷

金谷武家屋敷

金谷武家屋敷

金谷武家屋敷 は350年くらい前に建てられた、もともと武士の家でした。しかも、「忍者屋敷」と呼ばれているように、天井が低く、建物の中で刀を抜くことができないようになってそうです。一度、中を見たいですね。
現在は外観を眺めるだけですが、もうじき内部も一般公開する予定です。

金谷武家屋敷 は日光最初のホテル

金谷武家屋敷 は外国人相手の日光最初のホテルです。ヘボン式ローマ字で有名なヘボン博士が日光に来た際に、このお屋敷を宿泊所と提供したことから日光のホテルの歴史は始まりました。1873年(明治6年)「カッテージイン」という名前の宿泊施設としてオープンしたそうです。

金谷武家屋敷 の隣に金谷ベーカリー

金谷武家屋敷 の隣に金谷ベーカリーがあります。外国人相手の宿泊施設という事なので、明治6年から「パン」をメニューに出していたのでしょう。今でも金谷ホテルのパンは美味しいとの評判です。

金谷武家屋敷 は一般公開されます。

金谷侍屋敷正面です。ここからイザベラ・バード夫人をはじめ多くの外国のお客様が泊まられたそうです。

金谷侍屋敷正面です。ここからイザベラ・バード夫人をはじめ多くの外国のお客様が泊まられたそうです。

金谷武家屋敷 は現在では、外観を眺めるだけですが、内部も一般公開する準備が進んでいます。刀が抜かないほど低い天井など、実際に自分で体験したいですね。日本の建物は天井が低いのはこのような理由が背景にあったのでしょう。

*
*
* (公開されません)