日光金谷ホテル

日光金谷ホテル

日光金谷ホテル

日光金谷ホテル は歴史が古く、創業140年を超えるそうです。明治になって、日光が世界的な観光地となっていく歴史とともに金谷ホテルが歩んでいったといっても過言ではありません。日光に行くたびに一度は泊まってみたいと思うホテルです。中禅寺湖畔にも「中禅寺金谷ホテル」があります。

日光金谷ホテル は1873年(明治6年)に誕生しました

日光金谷ホテルは1871年」(明治4年)に宿泊先に困っていたヘボン博士を自宅に泊めたことから始まりました。ヘボン博士というのは「ヘボン式ローマ字」を誕生させた方です。そのことがきっかけで金谷善一郎氏が自宅を外国人向けの宿泊施設を開業したことで「 日光金谷ホテル 」が誕生しました。

日光金谷ホテル の100年カレー

有名な金谷ホテルの100年カレー
有名な金谷ホテルの100年カレー

2003年(平成15年)に土蔵の中から出てきた古いレシピをもとに金谷ホテルのシェフが現代風にアレンジした特別メニューの中の一つが「金谷ホテルの100年ライスカレー」です。レシピ通りの配合だと、やはり我々には食べにくい味だったそうで、明治の雰囲気の残しながら現代でも食べられる味付けになっているそうで、人気のメニューです。金谷ホテルだけでなく、中禅寺湖畔にある金谷ホテルのコーヒーショップ「ユニコーン」でも食べることができます。

日光金谷ホテル の「N35号室」

日光金谷ホテル では、土蔵の中で眠っていたレシピやメニューの中から一部のメニューを復刻して「日光金谷ホテルのクラシックディナー」というコースがあるそうです。そして、「N35号室」という特別なお部屋があります。アメニティなども厳選されたものばかりだそうです。夕食はオプションとなっていますが、「 日光金谷ホテル のクラシックディナー」がおすすめだそうです。
しかも、お夜食に「金谷ホテルの100年カレー」でつくった「100年カレーパイ」もお部屋に持ってきてくれるそうです。日光の景色や東照宮の景色に感動して絵が描きたいなって思ったら、スケッチブックもフロントに頼めば、もってきてくれるそうです。
夜空のきれいな日光です。遠くの景色も素晴らしいです。遠くまで見たいと思ったら、やはりフロントに頼むと「望遠鏡」を貸してくれるそうです。
素晴らしいですね。
しかも、このお部屋、金谷ホテルの中に1部屋しかないので、「オンリーワン」なお部屋です。一つ、残念なことは2人部屋一つなので、ご家族では泊まれません。気持ちをリフレッシュさせるために日光に来る祭にはぜひ一度、この「金谷ホテルのN35号室」に泊まって、自分を見つめなおしてください。
ご予約をする場合はこちらからどうぞ。

日光金谷ホテル の結婚式

世界遺産で結婚式をして伝統ある 日光金谷ホテル で披露宴というのは、まさに最高にふさわしいですね。
しかも、披露宴のお食事は伝統の金谷ホテルのフレンチフルコースなのでとてもおいしいと思います。金谷ホテルの結婚式のホームページはこちらです。

おすすめ新着記事

Comment on Facebook