憾満が淵

憾満が淵

憾満が淵は大谷川の見事は景勝と川の流れる音の素晴らしさとが楽しめる場所です。東照宮や輪王寺のあたりなどは、いつも人で賑わっていますが、憾満が淵のあるストーンパークのあたりは「知っている人の日光」という感じで、散策するのにピッタリです。大正天皇も憾満が淵のあたりをよくお散歩されたそうです。

憾満が淵(ストーンパーク)行き方

この付近まで車で来ることができます。時間短縮したい場合は車がいいと思います。

この付近まで車で来ることができます。時間短縮したい場合は車がいいと思います。

岩裂神社を後にして「石升の道」を浄光寺、目指して歩きます。浄光寺の正面には右に曲がると「田母沢御用邸」、左に曲がると「憾満が淵」の看板に突き当たるので、看板に従って右に曲がって大谷川を渡ります。渡ったら右に曲がって道なりに進むとストーンパーク入り口に到着します。
ここまでは車で来ることができます。

投げ筆ゆばそば「憾満の茶屋」

一度、寄ってみたいと思っていますが、憾満が淵に行くときはいつも、朝早いのでお店がしまっています。

一度、寄ってみたいと思っていますが、憾満が淵に行くときはいつも、朝早いのでお店がしまっています。

ストーンパーク駐車場のそばには「おそば屋さん」があります。ストーンパークに行くときはいつも、早朝なのでお店が開いていません。きれいそうなのできっと営業しているのだと思っていたら、ホームページを見つけました。
憾満の茶屋」のホームページによると、日光をこよなく愛した大正天皇はおそばも大好きだったようで、田母沢御用邸から日光の「高井家」というお店にお蕎麦の注文があり、お届けしたそうです。

西町太子堂

聖徳太子を祀っている太子堂。

聖徳太子を祀っている太子堂。

「憾満の茶屋」を後に標識通り歩いていくと、聖徳太子を祀っている「西町太子堂」があります。諸国の名工たちが集めれて「法隆寺」が建立されたことにあやかって、聖徳太子を祀っているそうです。

関連記事

  1. 裏見の滝

    裏見の滝

    裏見の滝は、大谷川の支流「荒沢川(あらさわがわ)」の上流にあります。国道120号線から脇道に入…

  2. 8月の霧降の滝は緑がいっぱいです。やはり、紅葉の色がたくさんある時期の方が写真としてきれいです。

    霧降の滝

    霧降の滝霧降の滝 は日光の3大名瀑に数えられている有名な滝で、秋には紅葉と一緒に写真を撮るた…

  3. 小田代が原展望台 からは「貴婦人」が真正面に見えるので、大勢のカメラマンが押し寄せます。「貴婦人」は日光では有名な白樺の木です。多くのカメラマンが「貴婦人」と日光の風景の写真を撮りに小田代が原展望に訪れます。

    小田代が原展望台

    小田代が原展望台小田代が原展望台へはハイブリッドバスで行くこともできますし、もちろん歩いていくこ…

  4. 明智平 ロープウェーに乗れば3分で華厳の滝、中禅寺湖、そして男体山が見ることができる。

    明智平

    明智平(あけちだいら)明智平 は第2いろは坂を昇り切る少し手前にあります。「 明智平 パノラマレ…

  5. 女人禁制の奥日光では、この地点で女性は戻っていった。

    馬返し (うまかえし)

    「 馬返し (うまかえし)」とはいろは坂の入口付近「 馬返し (うまかえし)」とはいろは坂の入口…

  6. 湯滝の落ちる様子が上から見れます。

    湯滝2015

    http://youtu.be/pnjN6djtgag参照 : 日光観光ライブ情報局…

  7. 7月になるとあたり一面にニッコウキスゲが咲き乱れます。一時期野生のシカの被害を受けましたが、最近復活してきました。

    キスゲ平

    キスゲ平標高1600メートルの キスゲ平 は遮るもの何もない絶景が広がり、初日の出を見るのには最…

  8. 小田代が原(おだしろがはら)の「田代」というのは「湿原」という意味で、「小」と合わせて「小さい湿原」という意味です。戦場ヶ原よりも小さいという意味でしょう。

    小田代が原

    小田代が原(おだしろがはら)小田代が原 は戦場ヶ原の西に広がる湿原で、広さ的には戦場ヶ原の4分の…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP