中宮祠唐門

中宮祠唐門

二荒山神社 中宮祠唐門


中禅寺湖湖畔、男体山のふもとに位置する神社です。日光開山の祖「勝道上人」が男体山の登頂に782年に成功させ、山頂に奥宮を建立した後に中禅寺湖湖畔に立てたのがこの中宮祠です。
唐門は日光二荒山神社中宮祠の正面玄関にあたります。唐門の奥に拝殿・本殿などの建物があります。