大猷院の唐門

大猷院の唐門

大猷院の唐門

大猷院の唐門 は東照宮の唐門と違って一般公開されているので誰でも通行することができます。唐門の中央には「白龍」の彫刻があります。それは徳川家光公が辰年生まれだったことと、陰陽道的(風水)に観点からみると大猷院のある場所は「白い龍脈」になるそうです。この「白龍」が 大猷院の唐門 の警護を一手に引き受けています。

大猷院の唐門 を守る「白龍」

東照宮の唐門には4匹の怖そうな霊獣たちが24時間体制で警護に当たっていましたが、 大猷院の唐門 はこの「白龍」が警護の役割も担っていたのでしょう。

大猷院殿を守る白龍白龍」は天上界の皇帝である「天帝」につかえていたことから、家康という「天帝」につかえる「家光」の霊廟という意味で「白龍」の「彫刻がされたのでしょう。
おじいちゃんが大好きだった家光公にぴったりですね。
大猷院の唐門 を通ると、「拝殿」に上がることができます。

おすすめ新着記事