大猷院の唐門

大猷院の唐門

大猷院の唐門 は東照宮の唐門と違って一般公開されているので誰でも通行することができます。唐門の中央には「白龍」の彫刻があります。それは徳川家光公が辰年生まれだったことと、陰陽道的(風水)に観点からみると大猷院のある場所は「白い龍脈」になるそうです。この「白龍」が 大猷院の唐門 の警護を一手に引き受けています。

大猷院の唐門 を守る「白龍」

東照宮の唐門には4匹の怖そうな霊獣たちが24時間体制で警護に当たっていましたが、 大猷院の唐門 はこの「白龍」が警護の役割も担っていたのでしょう。

大猷院殿を守る白龍白龍」は天上界の皇帝である「天帝」につかえていたことから、家康という「天帝」につかえる「家光」の霊廟という意味で「白龍」の「彫刻がされたのでしょう。
おじいちゃんが大好きだった家光公にぴったりですね。
大猷院の唐門 を通ると、「拝殿」に上がることができます。

日光山輪王寺に関する他の記事

関連記事

  1. 内番所は昔は東照宮を警備する武士たちの詰め所でしたが、今ではお守りや、お札を売っています。

    内番所

  2. 釈迦堂はたびたびお引越しをしている建物です。最初は東照宮のお仮殿の場所にありましたが、1621年に仏岩に移されて、その20年後に現在の田母沢御用邸の前に移されました。7月15日には輪王寺僧侶によるお施餓鬼法要が行われます。

    釈迦堂

    釈迦堂殉死の墓を目指して歩いて行くと、正面に「釈迦堂」があります。その奥に、「殉死の墓」があ…

  3. 花石神社

    花石神社

    花石神社由来 日光開山の祖「勝道上人」が蓮華石に座って日光連山を遥拝して18神を祀ったそうです。…

  4. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  5. 弘法大師空海が高野山から苗を運んできた槇の木も今では「老木」になっています。

    高野槇

    弘法大師空海が植えた「高野槇(こうやまき)」「 高野槇 」とは樹齢1200年を超える槇の老木…

  6. 正式名称は「観音堂」といいます。また、「香車堂(ぎょうしゃどう)」とも言います。鳥居がありますが、これも神仏習合の流れで輪王寺の管轄です。10月18日の観音様の縁日には輪王寺の僧侶による法要があります。

    産の宮

    産の宮(さんのみや)観音堂とも呼ばれています。開山堂の左に位置しています。朱塗りの建物で、石…

  7. 五重塔(ごじゅうのとう)は仏教の建物ですが「神仏習合」だった日光では東照宮の敷地内に五重の塔があります。

    五重塔

  8. 日光には面白い風習がたくさんあります。「福銭貸」と言ってお正月に外山毘沙門天にお詣りをして事業の軍資金をお借りして翌年には借りたお金の倍を返して、また1年間の商売のお金を借りてくるというものです。証文などは取らずに「信用貸し」だそうです。一度、行ってみたいと思っていました。実際に行ってみるとやっぱり、ただじゃお金は借りられません。すごい山道を登ってやっと頂上につきます。

    外山毘沙門天 (とやまびしゃもんてん)堂

    外山毘沙門天 ―行ってみるとすごいところだった外山(とやま)は日光東照宮の鬼門にあたります。…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP