献酒樽

献酒樽(けんしゅたる)

日光二荒山神社の境内の脇には酒樽が積みあがったところがあります。二荒山神社の別宮である滝尾神社の境内で湧きでる「酒の泉」として有名な名水です。その名水を使って作られているお酒の酒樽が並んでいます。

酒泉講(しゅせんこう)

「酒の泉」を使ってお酒を造っている醸造元が集まって作っている組織が酒泉講(しゅせんこう)です。
秋に祈醸祭、春に報醸祭が行われるそうです。
もともとは、滝尾神社の境内に湧き出る泉の水を弘法大師空海が汲んで神様に捧げました。その捧げたお水でお酒を造ったらとても美味しいお酒ができたことが始まりです。

東照宮にも酒樽があります。

眠り猫がある廊下にも酒樽が山のように積まれています。

眠り猫がある廊下にも酒樽が山のように積まれています。

関連記事

  1. 相の間(あいのま)とは拝殿と本殿をつなぐ部屋の事です。東照宮の石の間にあたります。

    相の間

    相の間(あいのま)相の間(あいのま) は大猷院の「拝殿」と「本殿」をつなぐお部屋です。その三…

  2. 日光真光教会は日光で初めての洋式建築です。現在のような石造りになったのは1914年の事です。

    日光真光教会

    日光真光教会日光真光教会 は1899年に建てられました。1899年は明治32年にあたり、日本…

  3. 登拝門とは登山口にあたります。神社の中にあって、神社の境内からその山にのぼることができる門です。

    登拝門

    二荒山神社の境内「境内(けいだい)」と聞いて、どんな場所を想像しますか?たいていの場合、神社…

  4. 御水屋 は聖域に入る前に身を清める為に、昔は川や湧水を利用していました。

    御水屋

    御水屋(おみずや)参拝者が手と口を清める場所を御手洗(みたらし)、手水所(ちょうずどころ)、…

  5. 正式名称は「観音堂」といいます。また、「香車堂(ぎょうしゃどう)」とも言います。鳥居がありますが、これも神仏習合の流れで輪王寺の管轄です。10月18日の観音様の縁日には輪王寺の僧侶による法要があります。

    産の宮

    産の宮(さんのみや)観音堂とも呼ばれています。開山堂の左に位置しています。朱塗りの建物で、石…

  6. 日光東照宮 の入口を飾る石鳥居は黒田長政が寄進したものです。黒田長政はNHK大河ドラマ「官兵衛」の嫡男です。

    石鳥居

    石鳥居 は日光東照宮の入口を飾ります。鳥居は神社に入り口にあって、聖域との結界の役割をしています。鳥…

  7. お菓子屋さんの団体が「お菓子占い」を奉納したそうです。ルーレットになっています。

    お菓子占い

    お菓子占い大国殿に お菓子占い がおいてあります。なぜ、 お菓子占い が置いてあるかというと…

  8. 輪王寺手前の二つ堂。

    二つ堂(ふたつどう)

    大猷院殿の手前に渡り廊下でつながったお堂があります。常行堂(じょうぎょうどう)と法華堂(ほっけ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP