献酒樽

献酒樽

献酒樽(けんしゅたる)

日光二荒山神社の境内の脇には酒樽が積みあがったところがあります。二荒山神社の別宮である滝尾神社の境内で湧きでる「酒の泉」として有名な名水です。その名水を使って作られているお酒の酒樽が並んでいます。

酒泉講(しゅせんこう)

「酒の泉」を使ってお酒を造っている醸造元が集まって作っている組織が酒泉講(しゅせんこう)です。
秋に祈醸祭、春に報醸祭が行われるそうです。
もともとは、滝尾神社の境内に湧き出る泉の水を弘法大師空海が汲んで神様に捧げました。その捧げたお水でお酒を造ったらとても美味しいお酒ができたことが始まりです。

東照宮にも酒樽があります。

眠り猫がある廊下にも酒樽が山のように積まれています。
眠り猫がある廊下にも酒樽が山のように積まれています。

おすすめ新着記事

Comment on Facebook