木苺ソーダ (きいちご)

日光で出会ったおしゃれな喫茶店「日光珈琲」さんで頂いた「木苺ソーダ」は炭酸が好きな私にはぴったりの飲物でした。
日光で食べる

木苺ってなにかしら?

木苺はわかりやすくいうと「ラズベリー」です。フランス語だと「フランボワーズ」です。もっと、大きなくくりで言うとブラックベリーも「木苺」の仲間だそうです。
フランスのお家ではフランボワーズの垣根があって、ひと夏じゅう、美味しい実が取れるそうです。その話を聞いて、我が家のベランダもフランボワーズの垣根にしようと思ったら、憎らしい「カンブン君の幼虫」にみんな根を食べられてしまってダメでした。

フランボワーズとも言います。赤い甘酸っぱい果実です。非常に多くの種類があります。

フランボワーズとも言います。赤い甘酸っぱい果実です。非常に多くの種類があります。

ベリー類はペクチンが豊富なので、ジャムに最適です。特にラズベリーは一つの実の中に小さな種がたくさんあって、ペクチンは種の周りに多く含まれているので、ラズベリーはとても固まる性質が強いです。

日光珈琲の「 木苺ソーダ 」

ラズベリーソースの甘さと炭酸のシュワシュワ感が絶妙です。

ラズベリーソースの甘さと炭酸のシュワシュワ感が絶妙です。

ジャムだと炭酸を注いでも、うまく溶け合わないので、ラズベリーソースを作って、その上に炭酸にそそぎます。
そして上に木苺の実を飾ります。
おしゃれですね。シロップが添えられてありましたが、私は使いませんでした。

[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Headline_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_PostCarousel_Widget”][/siteorigin_widget]

ピックアップ記事

関連記事一覧