祈祷殿

祈祷殿

祈祷殿では護摩焚きがありました

祈祷殿 は日光東照宮の眠り猫の左側にあります。
江戸時代までは神仏習合だったので、ここで護摩をたいて天下泰平を祈願したそうです。明治の「神仏分離令」で日光東照宮の境内から移転するように命じられましたが、社務所として使うことでその場に残してもらうことになりました。
参拝には御賽銭箱(おさいせんばこ)に御賽銭をいれて二礼、二拍手、一礼する略式参拝と社殿に上がり、祈願する正式参拝とがあります。
祈祷殿 は現在では正式参拝に使われています

祈祷殿 にて個人で正式に参拝する

社務所で受付して正式に玉串を奉納することができます。

社務所で受付して正式に玉串を奉納することができます。

個人の場合は当日でも参拝できますが、正式参拝は神様の前で行われる荘厳な儀式なので服装にも注意した方が良いので、やはり事前に申し込みをしておくことをお勧めします。

  1. 受付をします。
  2. 所定の用紙に住所・氏名・祈願内容を記入します。
  3. 初穂料を添えて申し込みします。
  4. 日光東照宮の祈祷殿では個人の初穂料は5000円からとなっています。
  5. 案内に従って祈祷殿へ向かい、祈祷をしていただきます。
  6. 祈祷していただいたお札や絵馬を頂き、ご神酒を頂きます。

祈祷殿 にて団体で正式参拝する

20名以上そろうと、団体で参拝することができます。団体の場合は事前に申し込みが必要ですが、東照宮の中の巫女さんが案内してくれるなど特典がついているので、とてて、お勧めです。(初穂料は2300円または3000円です。)

祈祷殿 の団体参拝特典

  • 巫女さんによる東照宮境内案内
  • ご祈祷後、祈祷殿客殿にて直会(なおらい)
  • 授与品・記念品の贈呈
  • 駐車場無料

祈祷殿 で結婚式

祈祷殿で結婚式をあげることができます。世界遺産の中で結婚式をあげるなんて、なんて素敵なことでしょう。しかも、東照宮の楽師による雅楽の生演奏です!

しかも、観光客が大勢いる中で結婚式の衣装を着て東照宮の中を歩くのですから、ビデオや写真に撮られることは間違いなしです。セレブ気分を味わうのにもお勧めです。

*
*
* (公開されません)