キツリフネ

キツリフネ

花の情報
名称 黄釣船
分類 ツリフネソウ科
花の時期 7月・8月
さいている場所 小田代が原・中禅寺湖畔・霧降高原・光徳牧場・戦場ヶ原
参考文献 日光の花325


キツリフネ は釣り舟のような形の花で黄色い色をしているので、「黄釣り舟」と言います。花の色が紫色の「ムラサキツリフネ」もあります。日光はキツリフネの方がよく見かけると思います。種は熟すとホウセンカのようにポンとはじけるそうです。とても、形が覚えやすいので日光で私が最初に覚えた花です。

キツリフネ の群生地

小田代が原にはキツリフネの群生地があります。
小田代が原にはキツリフネの群生地があります。

キツリフネは小田代が原に群生しています。1年草ですが種がホウセンカの方にポンとはじけて周囲に飛んでどんどん増えていくのでしょうね。年々、花の範囲が大きくなっているような気がします。

キツリフネ の花の時期

釣舩のような形で黄色は名だからキツリフネ。ほかにも花の色によって呼び名がかわります。
釣舩のような形で黄色は名だからキツリフネ。ほかにも花の色によって呼び名がかわります。

キツリフネ の花の時期は7月上旬から8月下旬とわりとロングランです。日光は大好きですがいつもいつも、行かれるわけではないので、出会えないお花を多いですが、キツリフネはいつも会えるかわいいお花です。

おすすめ新着記事