清滝神社

清滝神社(きよたきじんじゃ)

820年、弘法大師が日光に来た際に、この地に小さな祠を建てて「金毘羅大権現」を祀り、清滝権現とした。
明治政府の神仏分離令で「清滝神社」となる。
毎年、5月15日には「湯立て神事」という、珍しい神事が行われています。
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Image_Widget”][/siteorigin_widget]

清滝神社へのアクセス

清滝神社は清滝寺と同じように清滝1丁目のバス停から徒歩で数分です。
周辺は紅葉が美しい木々がたくさんあって、紅葉の時期になると(11月ころ)とても、きれいです。
紅葉の穴場としておすすめスポットです。
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_Headline_Widget”][/siteorigin_widget]
[siteorigin_widget class=”SiteOrigin_Widget_PostCarousel_Widget”][/siteorigin_widget]