清滝神社

清滝神社(きよたきじんじゃ)

820年、弘法大師が日光に来た際に、この地に小さな祠を建てて「金毘羅大権現」を祀り、清滝権現とした。
明治政府の神仏分離令で「清滝神社」となる。
毎年、5月15日には「湯立て神事」という、珍しい神事が行われています。

清滝神社

清滝神社へのアクセス

清滝神社は清滝寺と同じように清滝1丁目のバス停から徒歩で数分です。
周辺は紅葉が美しい木々がたくさんあって、紅葉の時期になると(11月ころ)とても、きれいです。
紅葉の穴場としておすすめスポットです。

関連記事

  1. 日光開山の祖「勝道上人」が大谷川を渡るために神様が投げてくれた蛇の橋が「神橋」です。正面に勝道上人たちを渡らせてくれた神様を祀るお堂があります。

    神橋

    神橋(しんきょう)日光に来てまず目に入るのが「 神橋 」です。ちょうど、日光山の入口にあり、…

  2. 五重塔(ごじゅうのとう)は仏教の建物ですが「神仏習合」だった日光では東照宮の敷地内に五重の塔があります。

    五重塔

  3. 四天王のうち、「持国天」と「広目天」を配置している「二天門」と呼ばれています。入り口は強い神様で守る必要があるんですね。

    二天門(にてんもん)

    二天門(にてんもん)二天門 (にてんもん)とは、四天王のなかで「持国天(じこくてん)」と「広…

  4. ナナと温泉神社へ

    温泉神社

    温泉神社温泉神社は温泉を祀る神社で、日本は火山があちこちにあり、全国各地に温泉があるので…

  5. 滝尾神社が多くの修験者僧でにぎわっていたころ、このあたりには僧侶の庵や修行場が建てられていました。今では看板が残っているだけです。

    別所跡

    別所跡東照宮より前の日光の時代は山岳信仰の聖地として、特に滝尾神社のあたりが賑わっていました…

  6. 護摩壇

    護法天堂(ごほうてんどう)

  7. 日光東照宮の陽明門の豪華さは一日眺めていても見飽きないから「日暮門(ひぐらしもn)」との別名があるくらい有名です。しかも、仏教的・風水的に多くの学者や知識人が徳川家康公の霊廟を守る、霊獣や仕掛けを施しています。

    陽明門

    陽明門(ようめいもん)陽明門 はとにかく、ものすごく豪華な門で、またの名前を「ひぐらしもん」…

  8. 日光東照宮は神社なので、本来は表門はないのですが、江戸時代までは神仏習合だったので神社にも、お寺にも「表門」がありました。

    表門

    日光東照宮の石鳥居を過ぎると「表門」があります。 表門は左右に「阿吽」の 仁王像 を安置しているので…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP