コオニユリ

コオニユリ

花の情報
名称 小鬼百合
分類 ユリ科
花の時期 7月・8月
さいている場所 涸れ沼・戦場ヶ原・小田代が原・西の湖
参考文献 日光の花325
日光の花 花トレッキング携帯図鑑

コオニユリ は山地の日当たりの良い湿原に生え、高さは1メートルほどになります。7月から8月ごろ、鮮やかなオレンジ色の花を咲かせます。背の高さも1.5メートルくらいになるのと、オレンジ色の花は少ないので遠くからでもすぐにわかります。ですが、 コオニユリ とクルマユリはとてもよく似ているので遠目では区別がつきません。

コオニユリ とクルマユリ

コオニユリ とクルマユリはとてもよく似ていて、これは葉が輪状に広がっているのでクルマユリ

コオニユリ とクルマユリはとてもよく似ていて、これは葉が輪状に広がっているのでクルマユリ

コオニユリ とクルマユリは花の大きさなどは非常に似ていて区別がつきにくいですが、車百合は花の下の最初の葉が車輪のように付いている所からクルマユリという名前がついています。

コオニユリ の開花時期

コオニユリの開花時期は7月上旬から8月下旬と長いのですが、小田代が原はやはり、7月下旬から8月上旬あたりが一番きれいだったと思います。

*
*
* (公開されません)