金剛桜

金剛桜

金剛桜 は三仏堂(さんぶつどう)の前に咲いている桜の木です。樹齢500年以上という老木です。三仏堂は江戸時代までは二荒山神社(新宮)にあり神仏分離令で今の場所に移転しました。その時に桜の木も移転しましたが、門跡が移転しても枯れないように毎日桜の木の前でお経をあげました。今では特別天然記念物の指定を受けています。

金剛桜 は樹齢500年以上

三仏堂は江戸時代までは「神仏習合」だったので、今の二荒山神社(新宮)の境内にありました。 金剛桜 は今も、昔も三仏堂(さんぶつどう)の前にありました。
明治の神仏分離令で三仏堂が現在の位置に移動するにあたって桜の木も移転することにしました。その時、樹齢400年を超えていたそうです。
金剛桜 はお経によって守られました。
明治の神仏分離令で移転を余儀なくされた桜の木ですが、樹齢400年を超えていたので、当時の人は移転したらきっと桜の木が枯れてしまうだろうと思いました。ですが、その時の門跡が桜の木が枯れないように、毎日、桜の木の下で読経をしてくれました。
そのおかげで、桜の木は無事に移転しても根付くことができました。そこで、その門跡にちなんで「 金剛桜 」と呼ばれるようになったそうです。

金剛桜 は特別天然記念物です。

金剛桜 は特別天然記念物の桜です。ピンクのつぼみが大輪の白い花を咲かせる山桜の突然変異種です。

金剛桜 の開花と見ごろ

金剛桜 の開花は例年4月20日頃です。見ごろはその1週間後くらいでしょうか。お花の開花や見ごろはその時の気温によって変化するので、詳しい事は輪王寺のサイトで調べてください。

日光の自然

関連記事

  1. 日光を題材したブログやホームページはたくさんあります。「大好き!日光!」もその一つですが、まだまだ、できたばかりの赤ちゃんサイトです。日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記さんはバックナンバーを見ると2005年から日光の事を書いていらっしゃる老舗のブログです。

    日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記

    日光「ふぃふぁ山荘」元単身赴任日記 2005年から運営されている老舗のブログです。日光の事が細…

  2. 紅葉と竜頭の滝

    「竜頭の滝」と「 水五則 」

    竜頭の滝と「水五則」今日(10月26日放送)の「軍師官兵衛」でいよいよ、黒田如水の登場ですね。竜…

  3. 世界遺産の施設を使っての結婚式はきっと思い出に残ると思います。

    世界遺産で結婚式

    世界遺産で結婚式が挙げられます。世界遺産で結婚式を挙げることができるなんて素敵ですね!時々、二荒…

  4. 小さい頃は人質として今川家で暮らしたことから、とても深い人生訓となっています。自分に厳しくなどと、現代でも耳が痛いようなことが書いてあります。

    日光社参

    日光社参日光社参 とは江戸時代、将軍が日光に参拝する行事の事です。社参は家康公の命日であがる4月…

  5. 日光東照宮で将軍しか入れない部屋、明治になってからも徳川宗家しか入ることのできないお部屋が「将軍着座の間」です。日光東照宮では、そんな将軍しか入れないお部屋に入って特別祈祷が受けられるツアーがあります。

    「 将軍着座の間 」特別祈祷 行ってきました!

    集合場所は日光東照宮社務所です。将軍体験 ができる「 将軍着座の間 」特別祈祷の集合場所は日…

  6. 大正天皇は日光でご静養されることが多かったそうです。日光は多くの外国の大使館の方が秘書として夏を過ごしたりと華やかな土地だったのですね。

    田母沢御用邸 イベント案内

    田母沢御用邸田母沢御用邸 は大正天皇のご静養御所として使われていました。今では修理・再現が終了し…

  7. 初重には3人の将軍の干支の彫刻が施されています。

    日光東照宮五重塔初重内部 公開レポート

    日光東照宮五重塔初重内部特別公開日光東照宮の400年祭(2015年・平成27年)のプレ企画として…

  8. 携帯するのに便利なコンパクトなつくりの日光の花の本「花トレッキング携帯図鑑」

    日光の花の本 花トレッキング携帯図鑑

    花トレッキング携帯図鑑日光の花の本 はなかなか、本屋さんを探しても売っていません。やはり、日光に…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP