金剛桜

金剛桜

金剛桜 は三仏堂(さんぶつどう)の前に咲いている桜の木です。樹齢500年以上という老木です。三仏堂は江戸時代までは二荒山神社(新宮)にあり神仏分離令で今の場所に移転しました。その時に桜の木も移転しましたが、門跡が移転しても枯れないように毎日桜の木の前でお経をあげました。今では特別天然記念物の指定を受けています。

金剛桜 は樹齢500年以上

三仏堂は江戸時代までは「神仏習合」だったので、今の二荒山神社(新宮)の境内にありました。 金剛桜 は今も、昔も三仏堂(さんぶつどう)の前にありました。
明治の神仏分離令で三仏堂が現在の位置に移動するにあたって桜の木も移転することにしました。その時、樹齢400年を超えていたそうです。
金剛桜 はお経によって守られました。
明治の神仏分離令で移転を余儀なくされた桜の木ですが、樹齢400年を超えていたので、当時の人は移転したらきっと桜の木が枯れてしまうだろうと思いました。ですが、その時の門跡が桜の木が枯れないように、毎日、桜の木の下で読経をしてくれました。
そのおかげで、桜の木は無事に移転しても根付くことができました。そこで、その門跡にちなんで「 金剛桜 」と呼ばれるようになったそうです。

金剛桜 は特別天然記念物です。

金剛桜 は特別天然記念物の桜です。ピンクのつぼみが大輪の白い花を咲かせる山桜の突然変異種です。

金剛桜 の開花と見ごろ

金剛桜 の開花は例年4月20日頃です。見ごろはその1週間後くらいでしょうか。お花の開花や見ごろはその時の気温によって変化するので、詳しい事は輪王寺のサイトで調べてください。

日光の自然

関連記事

  1. 「日光の花325」はコンパクトで日光を歩くときに携帯するのに、ピッタリです。

    日光の花325

    日光の花325戦場ヶ原、小田代が原を歩いていると、本当「このお花の名前は何かしら?」「このお花の…

  2. 神橋のそばに 日光にかかわった人の銅像 が立っています。一人は日光を世界的にも有名な場所にした「天海僧正」ともう一人はその文化的・歴史的貴重な日光を守った「板垣退助」です。

    銅像

    日光にかかわった人の銅像日光山の入り口、神橋付近には日光にかかわった人物の銅像が立っています…

  3. 日光の四季は特徴の一つに標高差があるので様々な場所で紅葉を見ることができるという事があります。

    日光の四季

    日光の四季日光の四季 はとても変化に富んでいます。日光は東京から150キロ北に行っただけですが、…

  4. 三本松のりんご

    9月になると買えます 三本松のリンゴ 日光の秋の楽しみ方の一つに「三本松のりんご」がありま…

  5. 小さい頃は人質として今川家で暮らしたことから、とても深い人生訓となっています。自分に厳しくなどと、現代でも耳が痛いようなことが書いてあります。

    日光社参

    日光社参日光社参 とは江戸時代、将軍が日光に参拝する行事の事です。社参は家康公の命日であがる4月…

  6. 徳川家康公没後400年を迎える400年忌

    徳川家康公 400年回忌

    徳川家康公 400年回忌徳川家康 公は1616年4月17日に亡くなりました。2015年(平成27…

  7. 大正天皇は日光でご静養されることが多かったそうです。日光は多くの外国の大使館の方が秘書として夏を過ごしたりと華やかな土地だったのですね。

    田母沢御用邸 イベント案内

    田母沢御用邸田母沢御用邸 は大正天皇のご静養御所として使われていました。今では修理・再現が終了し…

  8. 日光は山岳信仰の聖地でした。行者堂のあるあたりから山の中に入って厳しい修業に出かけました。

    山岳信仰

    山岳信仰(さんがくしんこう)とは山岳信仰 というのは人間が生きているうちに自然と発生した信仰です…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP