光徳牧場

光徳牧場

光徳牧場(こうとくぼくじょう)

光徳牧場 には国道120号線に沿って、三本松を過ぎたところに右に曲がる道があります。そこを右に曲がると光徳牧場に到着します。広さは約3ヘクタールでホルスタイン牛や馬などがのんびりと牧場の中でくつろいでいます。

光徳温泉

光徳牧場の手前に「日光アリストリアホテル」があります。温泉は湯元温泉から直接引いてきているそうです。
湯の湖の端に小さな小屋が立っていて光徳温泉に配湯しているそうです。

光徳牧場 パーキング

牧場と反対側にかなり広めのパーキングがあります。
暖かい季節の時はパーキングにキャンピングカーが止まっているので、そこでもキャンプができるようになっているのでしょう。私も光徳沼に行くときはこのパーキングに止めて牧場に沿って歩いて行きます。

光徳牧場 のアイスクリームと牛乳

アイスクリームと牛乳
新鮮な牛の乳で作った牛乳とアイスクリーム

パーキングを通り越して車を 光徳牧場 の建物まで進めます。
そこにも駐車スペースがあります。
また、牧場の建物に近くは公園になっていて、ピクニックテーブルもあります。
私はいつも、牧場まで来ると、アイスクリームと牛乳を頂くことにしています。
牧場の牛さんたちから絞った新鮮なお乳で作った牛乳とアイスクリームは絶品です。
牧場ではレストランも併設していて牧場ならではメニューが並んでします。

光徳牧場 とバイク

光徳牧場 のもう一つの景色として特徴的なのはバイクがとても多いことです。
光徳牧場 から奥鬼怒林道を走って山王峠に向かうそうです。そのあとは川俣湖、川俣ダムに向かうそうです。
また、紅葉のハイシーズンの時はいろは坂など大渋滞してしまいますが、川俣湖側から日光に入ってくるルートもバイクや自転車などならOKです。
林道なのでカーブがきついので最近の車はどんどん車体が大きくなっているので、このような道を走るのは不向きですよね。
ずっと前に一度、川俣湖の方に行ってみたいと考えたことがありましたが、自分の運転技術を考えたら危ないのでやめておきました。

光徳牧場 から刈込湖・切込湖へ

バイクが林道を通って 光徳牧場 からあちこち行かれるように歩いてもあちこちの湖や沼に行くことができます。湯元温泉からも行ける刈込湖・切込湖は光徳温泉からも行くことができます。途中にあるのが「涸沼(かれぬま)」です。その名前の通りに水が溜まっていませんが、窪地(くぼち)になっています。

おすすめ新着記事