空烟地蔵

空烟地蔵

行者堂から坂道を下っていくと、3代将軍徳川家光公の霊廟、大猷院に到着します。その手間にお地蔵さまがいらっしゃいます。そのお地蔵さまが「空烟地蔵(くうえんじぞう)」です。「空烟(くうえん)」とは家光公の側近の一人、「阿部忠秋(あべただあき)」の法名です。この場所は、勝道上人が男体山の登頂する際に道に迷って困っていたら、お地蔵さまが現れて、導いてくれた場所だそうです。

家光公のお墓を守っている側近たち

3代将軍の側近だった「阿部忠秋(あべただあき)」と「梶定良(かじさだよし)」死んでからも家光公にお仕えすることを遺言で残し、二人のお墓は家光公を挟んで前と後ろにあるそうです。

空烟地蔵(くうえんじぞう)は阿部家が奉納しました。

家光公の側近の阿部忠秋の法名「空烟」からつけられたお地蔵さまです。阿部家が奉納しました。

家光公の側近の阿部忠秋の法名「空烟」からつけられたお地蔵さまです。阿部家が奉納しました。

阿部忠秋のお墓はくうえんじぞう)の向こう側(石垣の中)にあります。そこで、阿部家の遺族が勝道上人とお地蔵さまのエピソードを聞いて石のお地蔵さまと常夜灯を奉納したそうです。

梶定良(かじさだよし)

阿部忠秋は4代将軍にも使えましたが、梶定良は家光公の墓守も命じられたので、日光に移り住み毎朝4時に起きて身を清めて大猷院にお詣りしたそうです。滝尾神社の運試しの鳥居や神馬の碑は梶定良が奉納したものです。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. 牛石 は石に変えれれてしまった「牛」の事です。

    牛石

    女人近世(にょにんきんせい)神社・寺院・霊場・修行場などで、女性の出入りを禁じたものです。日光では山…

  2. 1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康公がお乗りになった馬を悼む石碑です。

    神馬の碑

    神馬の碑 (しんめのひ)神馬の碑 (しんめのひ)というのは、徳川家康公が関ヶ原の戦いで乗った…

  3. 日光が山岳信仰の聖地として賑わっていたころ、多くの修験者僧がここから女峰山に入り、山で修業をしていました。「行者堂」はそんな修業する人を代表して「役 小角(えんのおづめ)」を祀っています。

    行者堂

    行者堂 (ぎょうじゃどう)行者(ぎょうじゃ)とは荒修行を行う人のことです。たとえば、断食や針…

  4. 日光開山の祖「勝道上人」のお墓がある「開山堂」近くの仏岩に下に6体の石仏が並んでいます。

    六武天像

    六武天像 (ろくぶてんぞう)六武天像 は開山堂の裏手の崖の足元に設置してある六体の石仏です。…

  5. 日光の七不思議に数えていいかと思いますが、こちらは勝道上人のお弟子さんのお墓ですが、移転しようとすると事故が起きることが何度も起きたので移転はあきらめてここにおいてあるそうです。

    教旻僧都の墓

    教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひ…

  6. 日光は東照宮や大猷院など、家康公や家光公のお墓だし、文化財としても貴重なものだったので、特別に火災から守る「火消隊」を編成しました。殉職なされた方を弔うために1834年、防火隊碑が浄光寺に建立されました。

    防火隊碑

    八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)江戸時代も現代も火災はとても怖いものです。特に、…

  7. 男性(陽)と女性(陰)を表している自然の石です。こちらも安全祈願でお詣りしていかれる方も多いそうです。

    陰陽石

    陰陽石 (おんようせき)産の宮のそばに「 陰陽石 (おんようせき)」という名称の石があります…

  8. 徳川家康公の側室、お六の方のお墓と水戸頼房の母、英勝院のお墓があります。もとは水戸藩の僧坊があり、松尾芭蕉も日光に来た時に宿泊しています。

    養源院 跡

    養源院跡(ようげんいんあと)養源院 跡というのは、徳川家康公の側室「お六の方」( 陽源院…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP