栗石返し

栗石返し

栗石返し

毎年、春の例大祭が行われる前に東照宮に境内の石の掃除をします。
しかも、
350年前から続いていた「伝統行事」だそうです。さすが、歴史の街ですね。「栗石」というのは東照宮の境内に敷き詰められた丸い石の事です。

境内には丸い石がたくさん敷き詰めれています。
境内には丸い石がたくさん敷き詰めれています。

栗石返し は伝統行事

 栗石返し という伝統行事は知りませんでしたが、子供はなんとなく遊びの中でお掃除をするものです。
栗石返し という伝統行事は知りませんでしたが、子供はなんとなく遊びの中でお掃除をするものです。

境内の石を一つづつ、ひっくり返して中にたまった、杉の葉や枝や小さなゴミなどを丹念にお掃除していくそうです。子供たちはそんなことが大好きですよね。我が家が日光にあったら、きっと子供たちは毎年参加を希望するんじゃないでしょうか?

栗石返し の後は例大祭があります。

4月の終わりに「栗石返し」で境内をきれいにすると、5月17日、18日は例大祭があります。いよいよ、日光に春がやってきますね。
例大祭では「流鏑馬神事」があったり、家康公の亡骸が久能山から日光に運ばれてる来る様子を再現した「百物揃千人武者行列」が行われます。これは、とっても見応えのある行事でしょうね。
詳しくはこちらをご覧ください。

おすすめ新着記事

Comment on Facebook